menu
閉じる
閉じる
閉じる
  1. 日給月給制とはなんですか?
  2. 2016年IPOは86社で7年ぶりの減少
  3. CGコード説明率が高いのは補充原則1-2④
  4. 有償新株予約権の会計処理の原案が明らかに
  5. 外貨建満期保有目的債券の期末換算処理
  6. 二社以上の取締役を兼務する場合の社会保険の取扱い
  7. 「会計税務委託料を必要経費と認めず」が昨年一番読まれた記事だったそうで…
  8. IFRS適用の国内子会社も実務対応報告18号の対象に
  9. 役員規程で取締役の辞任を制限できるか?
  10. 監査報告書原本の写しが添付されるようになると面白いかも
閉じる

出る杭はもっと出ろ!

2012年のIPO社数は46社になりそうです。

2012年に新規株式公開した会社数は、現時点で判明している情報からすると46社になりそうです。年内に上場が決まっている会社を含む会社の一覧は以下のようになっています。

JALのような個人的には微妙に感じるものも含まれていますが、2011年は36社でしたので約10社の増加と2009年の19社以降、徐々に増加しようやく(?)2008年の49社とほぼ同水準に戻りました。2013年はさらに社数が増加してもらいたいところですが、どうなることやら・・・

2012年の新規上場会社を市場別にみると、以下のようになっています。

マザーズ・・・23社
JQS・・・14社
東証1部・・・1社
東証2部・・・5社
東証(未定)・・・1社
アンビシャス・・・1社
福岡Qボード・・・1社

2011年はマザーズが11社に対ジャスダックが16社であったことからすると、マザーズが好調だったと言えそうです。将来性ある会社が多いということであればよいですが、少し穿った見方をすると裏口上場と揶揄される東証が上場企業数を増やそうとがんばったということかもしれません。

次に、主幹事別に社数を集計すると以下のようになっています。

野村證券・・・17社
大和証券・・・14社
SBI証券・・・5社
SMBC日興証券・・・2社
三菱UFJモルガン・スタンレー証券・・・2社
その他・・・6社

あいかわらずというか野村と大和が強さを示しています。FACTAで叩かれているSBIグループのSBI証券も5社と検討しています。

最後に本日の終値と初値を比較した場合の騰落率を集計すると、現時点で初値を上回っている銘柄が12社、下回っている銘柄が19社となっています。面白いのはSBI証券が主幹事となった5社はいずれもマイナスと全敗です。野村証券は、現時点で4勝6敗とやや負け越し、大和証券はなんと2勝7敗と大きく負け越しています。結果的には1社しか手掛けていない主幹事証券の会社がプラスを記録していることが多いという面白い結果となっています。

日々成長

関連記事

  1. 新規上場のためのIの部と過年度遡及会計基準との関係

  2. 東証の上場基準が緩和されたそうですが・・・

  3. 2011年の新規上場の状況-予定では36社

  4. 16568923_xl

    従業員持株会(その1)-導入割合と奨励金の水準

  5. 2013年上期IPOは20社

  6. 続出するお粗末IPO-東洋経済(2015/4/18号)

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリー

ページ上部へ戻る