menu
閉じる
閉じる
閉じる
  1. 交通機関による遅延証明書があっても遅刻分は無給?
  2. 四半期開示制度について「一定の結論」はどうなった?
  3. 18年3月期改正税効果を早期適用した会社の注記はどんな感じ?
  4. 大手監査法人から中小法人への会計監査人交代が鮮明
  5. 取得後3ヶ月の実績でのれん6億円の減損、そして上場廃止
  6. 宿泊予約サイトへの掲載手数料で消費税の誤りが散見されているそうです
  7. 自己株式取得はどの時点で認識すべき?
  8. 自社製品の社員販売はどこまでなら安くても大丈夫?
  9. 執行役員に「執行役」と同等の規律を設けることが提案されているそうです
  10. データ入力時に「Alt+↓」使ってますか?-Excelの使い方
閉じる

出る杭はもっと出ろ!

SBIが身売り工作?-FACTA2012年11月号

FACTA2012年11月号のSBI関連記事は、”SBIが「身売り」工作失敗”というものでした。しぶといSBIたたきが実を結ぶのか興味があるところですが、今回の記事によれば、9月上旬にSBIホールディングスの北尾氏、ソフトバンクの孫氏、ヤフー社長に就任したばかりの宮坂氏をもう1名ヤフーの元最高幹部の4名で会合が開かれたとのことです。

その会合で、北尾氏がヤフーの宮坂氏に「うちの証券と銀行以外のものを買ってくれないか」ともちかけたとのことです。これに対して宮坂氏は「せっかくですが、うちには必要ないですね」と、とりつく島もない即答だったと報じています。この会合になぜソフトバンクの孫氏もいたのかですが、この点については「口にこそしなかったものの、孫の口添えを心の底では大いに期待していたのではないだろうか。」と分析しています。

また、「SBI損保をSBIの人間が持ち歩いている」(買い手を物色している)という情報が入ってきたとし、「銀行を除いたとはいえグループの身売りを画策し、その一方で中核をなす損保会社の売却に奔走する。またに山一のデジャブである。」と述べられています。なお、上記の会合については、ヤフー関係者に確認したところあっさりと事実であることを認めたとのことです。

さて、どうなっていくのでしょう。

日々成長

関連記事

  1. 富士フイルムがゼロックスを買収するのは世界展開が目的?

  2. 「仮説思考」(内田和成 著)を読んで

  3. 顧客ロイヤルティを知る「究極の質問」-フレッド・ライクヘルド

  4. 「日本式モノづくりの敗戦」(野口悠紀雄著)

  5. 2名以上の独立社外取締役選任企業の割合は東証一部で88%に上昇

  6. 日産自動車の経営者って・・・

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリー

ページ上部へ戻る