menu
閉じる
閉じる
閉じる
  1. 特定退職金共済とは何ですか?
  2. 内々定の法的性格は?
  3. 株主優待で金券を交付した場合は源泉徴収必要か?
  4. 「居住者」「非居住者」の判断を滞在日数のみで行うのは要注意
  5. 平成29年度税制改正(その6)-法人税等関連(スピンオフに関する組織再…
  6. IFRS任意適用会社が144社に-経営財務調べ
  7. 譲渡制限付株式を役員に交付した場合の会計処理は?
  8. 平成29年度税制改正(その4)-法人税等関連(試験研究費の税額控除)
  9. 税務調査による更正が「誤謬」か否かの境界は何?
  10. PCデポが過年度誤謬の判明と公認会計士の異動を公表
閉じる

出る杭はもっと出ろ!

SBIが身売り工作?-FACTA2012年11月号

FACTA2012年11月号のSBI関連記事は、”SBIが「身売り」工作失敗”というものでした。しぶといSBIたたきが実を結ぶのか興味があるところですが、今回の記事によれば、9月上旬にSBIホールディングスの北尾氏、ソフトバンクの孫氏、ヤフー社長に就任したばかりの宮坂氏をもう1名ヤフーの元最高幹部の4名で会合が開かれたとのことです。

その会合で、北尾氏がヤフーの宮坂氏に「うちの証券と銀行以外のものを買ってくれないか」ともちかけたとのことです。これに対して宮坂氏は「せっかくですが、うちには必要ないですね」と、とりつく島もない即答だったと報じています。この会合になぜソフトバンクの孫氏もいたのかですが、この点については「口にこそしなかったものの、孫の口添えを心の底では大いに期待していたのではないだろうか。」と分析しています。

また、「SBI損保をSBIの人間が持ち歩いている」(買い手を物色している)という情報が入ってきたとし、「銀行を除いたとはいえグループの身売りを画策し、その一方で中核をなす損保会社の売却に奔走する。またに山一のデジャブである。」と述べられています。なお、上記の会合については、ヤフー関係者に確認したところあっさりと事実であることを認めたとのことです。

さて、どうなっていくのでしょう。

日々成長

関連記事

  1. 「業務会費」約8億円の未納って・・・

  2. アクセンチュアの本社はどこにある?

  3. NPSよりもShare of Wallet?

  4. 「英国海兵隊に学ぶ最強組織の作り方」(岩本 仁 著)

  5. 会計士協会の次期会長候補に「不適正意見」?-FACTA2013年…

  6. 学習塾の泥仕合・・・進学会VS栄光ホールディングス(2012年1…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリー

ページ上部へ戻る