menu
閉じる
閉じる
閉じる
  1. 日給月給制とはなんですか?
  2. 2016年IPOは86社で7年ぶりの減少
  3. CGコード説明率が高いのは補充原則1-2④
  4. 有償新株予約権の会計処理の原案が明らかに
  5. 外貨建満期保有目的債券の期末換算処理
  6. 二社以上の取締役を兼務する場合の社会保険の取扱い
  7. 「会計税務委託料を必要経費と認めず」が昨年一番読まれた記事だったそうで…
  8. IFRS適用の国内子会社も実務対応報告18号の対象に
  9. 役員規程で取締役の辞任を制限できるか?
  10. 監査報告書原本の写しが添付されるようになると面白いかも
閉じる

出る杭はもっと出ろ!

ようやく解決-Buffalo ネットワーク対応HDD(NAS)への外部接続

半年以上前に外出からデータへアクセスできるというBuffalo社のネットワーク対応HDD(NAS)を購入しましたが、マニュアル通りに設定等を行ったはずなのに外部からアクセスができませんでした。

サポートに問い合わせて、提示された処理を行ってみても一向に解決しませんでした。

NTTの光回線で提供されるPRS300HIというモデムにBuffalo社のLinkstation(LS-WX4.0TL/R1J)を直接つないでいるだけというシンプルな構成のはずなのに、何故つながらないのか?、さっぱり理解できませんでした。

その後、試行錯誤すること数カ月、ネットで検索し色々やってみた結果、やっとわかりました。わかってしまえばものすごく単純なことでした。

私の探していた答えは、HDDの電源の設定でした。最初に設置した時にずっと電顕をONにしていると壊れるのが早くなりそうだと思ったのでPCをHDDに接続した時に電源がONになる「AUTO」にしていたのですが、これが外部接続をできなくしていた理由でした。

つまり、電源が「AUTO」になってもhttp://buffalonas.com/からのアクセスによってHDDの電源がONになるわけではないので、HDDにアクセスできなかったということです。

確かに、自宅でEmobile経由でアクセスできるようになったと思って、翌日出先から試してみるとアクセスできなかったということがありました。これは、自宅でHDDの設定等を確認して電源がONになっている状態だったのでアクセスできたということのようです。

これで、アクセス可能となったわけですが、PRS300HIの設定も多少いじったので記載しておきます。

モデムの設定画面を開きます。ちなみにユーザー名はuserで、パスワードの初期設定は0000になっていました。

そして、静的IPマスカレードを次のように設定します。

エントリ番号 1
優先順位 1
接続インタフェース名 メインセッション(インターネット)
宛先IPアドレス:192.168.1.X(→最後の数値はHDDのIPアドレスを入力します)
変換対象IPアドレス:自分のWAN側IPアドレス
変換対象プロトコル:TCPとUDP両方
宛先ポート:9000
変換対象ポート:9000

これで長い間気にかかっていた問題が一つ解決できました。

日々成長

関連記事

  1. Windows7のProfessionalからUltimateへ…

  2. 22770502_xl

    Wordの不思議(その4)-オートフォーマットの不思議

  3. PCデータのバックアップ-PARAGON Hard Disk M…

  4. 「日産 驚異の会議-改革の10年が生み落したノウハウ」を読んで

  5. 人気ブロガーの記録術―すべてを記録する方法とは?

  6. 10311104_xl

    Windows7でマルチモニタを使う-モニタが余っていれば効率的…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリー

ページ上部へ戻る