menu
閉じる
閉じる
閉じる
  1. 日給月給制とはなんですか?
  2. 2016年IPOは86社で7年ぶりの減少
  3. CGコード説明率が高いのは補充原則1-2④
  4. 有償新株予約権の会計処理の原案が明らかに
  5. 外貨建満期保有目的債券の期末換算処理
  6. 二社以上の取締役を兼務する場合の社会保険の取扱い
  7. 「会計税務委託料を必要経費と認めず」が昨年一番読まれた記事だったそうで…
  8. IFRS適用の国内子会社も実務対応報告18号の対象に
  9. 役員規程で取締役の辞任を制限できるか?
  10. 監査報告書原本の写しが添付されるようになると面白いかも
閉じる

出る杭はもっと出ろ!

クーパービジョンのコンタクトレンズ比較特集―LENSMODE

私はクーパービジョン社のコンタクトレンズProclear® 1Dayを使用していますが、これを購入しているLENS MODEのホームページで、クーパービジョン社のコンタクトレンズの比較特集が組まれていました。

私も最初にProclear® 1Dayを購入した時に、それまで国内の販売店で購入していたワンデー アクエア プロシーと同じなのかどうかが少々不安でした(値段も結構違いましたので・・・)。ネットで調べた限りではProclear® 1Day=プロクリア ワンデーということで、実際に使用してみてもそう感じていますが、メーカーが公式に両者が同一のものと公表しているのを見たわけではないので、絶対に同じか?といわれれば、同じだと思うとしかいえません。

今回の特集では、クーパービジョン社の国内・海外ブランドを比較して、発売名が違うだけと言われているレンズ比較のアンケートが掲載されています。個人的に気になった比較をいくつか紹介します。

まず、海外ブランドのProclear® 1Dayを国内ブランドのワンデー アクエア プロシーと比較したアンケート結果では、同じが52%、ほぼ同じが40%という結果になっています。「ほぼ同じ」をどう解釈するかは人それぞれですが、目が乾かないという特性は維持されているという解釈は間違いなさそうです。また、国内製品より良いと答えた人が6%、悪いと答えた人が2%となっていす。この結果からすると、両者は同じものと考えてよさそうです。

次に、海外ブランドのProclear® 1Dayを国内ブランドのプロクリア ワンデーと比較したアンケート結果では、同じが44%、ほぼ同じが48%という結果になっています。日本国内でもプロクリア ワンデーという名称の商品があった(出た?)のに初めて気づきました。良い・悪いの回答がそれぞれ4%と同じ割合になっていることから、ワンデー アクエア プロシー以上にProclear® 1Dayと同じものであると考えてよさそうです。

いずれも使用したことのないレンズですが、 海外ブランドの BioMedics® 1Day Extraと国内ブランドのワンデー アクエア エボリューションについては、同じと回答した人が68%だそうです。ほぼ同じが16%で、良い・悪いの回答がそれぞれ8%となっています。レンズのデーターを比較すると、中心厚がBioMedics® 1Day Extraが0.07mm、ワンデー アクエア エボリューションが0.0075mmとなっているので、表示桁数の問題でなければ両者のレンズは微妙に異なるということになります。良い・悪いと回答した割合が、Proclear® 1Dayとプロクリア ワンデーの割合と比べて増加しているのもこの辺が影響しているのかもしれません。

最後にBioMedics® 1Day Extraと国内ブランドのワンデー アクエアの比較です。この比較では同じが52%と一番多く、ほぼ同じが24%、よいが20%m悪いが4%となっています。ワンデー アクエアはワンデー アクエア プロシーを使用する前に半年くらい使用していましたが、それほど特徴のあるレンズではありませんでした。BioMedics® 1Day Extraがワンデー アクエアと同等のレンズだとすると、特に使用したいというレンズではありません。

Proclear® 1Dayとワンデーアキュビュートゥルーアイでやすい方を使うという現状の私の評価には変化ありません。

日々成長

関連記事

  1. コンタクト

    コンタクト通販配送料無料は大きい-プロクリアワンデーの通販

  2. tueeye

    ワンデーアキュビュートゥルーアイも随分安くなってますね

  3. バイオメディックスワンデーエキストラもまずまず合格点のレンズでし…

  4. ワンデープロシーが少し安くなっています

  5. 通販で購入したコンタクトの保管期限が過ぎてしまったら・・・

  6. ABCレンズを利用してみました

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリー

ページ上部へ戻る