menu
閉じる
閉じる
閉じる
  1. 有償新株予約権の会計処理の原案が明らかに
  2. 外貨建満期保有目的債券の期末換算処理
  3. 二社以上の取締役を兼務する場合の社会保険の取扱い
  4. 「会計税務委託料を必要経費と認めず」が昨年一番読まれた記事だったそうで…
  5. IFRS適用の国内子会社も実務対応報告18号の対象に
  6. 役員規程で取締役の辞任を制限できるか?
  7. 監査報告書原本の写しが添付されるようになると面白いかも
  8. 監査報告書にサインする会計士の数に意味はある?
  9. 平成29年度税制改正で連結納税採用は加速する?
  10. 社外取締役の年間報酬平均額に大きな変動無し(労政時報2016年調査)
閉じる

出る杭はもっと出ろ!

中外製薬が2013年12月期よりIFRSの任意適用へ

経営財務の週刊「適時開示」ニュースに目を通していたら、中外製薬が2013年12月期よりIFRSの任意適用を開始するというものが目に留まりました。

中外製薬は、スイスに本社を置く世界的製薬企業ロシュグループの一員であることからするとIFRSの任意適用自体はそんなものかなという気がしますが、中外製薬でIFRSの任意適用会社が9社目だというのが、以外でした。もっと多くの企業が既にIFRSの任意適用を開始しているかと思っていましたが、まだまだ少ないという事実を改めて認識しました。

ちなみに、現時点でIFRSを任意適用している8社は以下のとおりです。

1.日本電波工業
2.HOYA
3.住友商事
4.日本板硝子
5.日本たばこ産業
6.DeNA
7.SBIホールディングス
8.アンリツ

こう言っては失礼ですが、上記の8社ではやはり日本電波工業が異質です。平成22年3月期からIFRSを任意適用して任意適用第1号となって話題となりましたがYahooファイナンスで同社の5年の株価の推移をみると以下のようになっています。


(出典:Yahooファイナンス)

上記の推移からすると、IFRSの適用に株価上昇を期待するのは無理があると言えそうです(当然と言えば当然ですが)。今後再びIFRSの強制適用が議論される時期がくると思いますが、IFRSを適用してもあまり意味がない会社が相当数あるという点は忘れないでほしいと思います。

日々成長

関連記事

  1. IFRSの任意適用会社(予定を含む)が50社を突破!

  2. 会計上の変更及び誤謬の訂正に関する会計基準と1株あたり情報

  3. 過年度遡及修正-適用初年度は前期分を修正するのかしないのか

  4. 「第二会社方式」とは?(その3)

  5. 遡及修正の累積的影響額を算定することが実務上不可能とした事例

  6. 「平成24年以降の公認会計士試験合格者数のあり方について」-金融…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリー

ページ上部へ戻る