menu
閉じる
閉じる
閉じる
  1. 税理士事務所の事業承継にあたり営業権の対価が争われた事案
  2. Excelの使い方を改めて確認してみた(その2)
  3. クラウドサービスの会計処理
  4. 配偶者控除及び配偶者特別控除の控除額等の改正(平成30年分より)
  5. 過度の私的なチャットに要した時間も労働時間?
  6. 共有持分の放棄により取得した資産を譲渡したときの譲渡所得計算時の取得費…
  7. Excelの使い方を改めて確認してみた(その1)
  8. 数年前の慶弔見舞金申請があった場合、会社は支払わなければならないか?
  9. 2017年1月~10月のIPO-市場・業種・監査人の傾向は変わらず
  10. 平成30年税制改正要望の自社株対価TOBは親会社株式も対象になる可能性…
閉じる

出る杭はもっと出ろ!

気になるクレジットカード-YAMADA LABI ANAマイレージカード

私はANAのマイルをクレジットカードで貯めていますが、先日気になるクレジットカードを発見しました。

それは、ヤマダLABI ANAマイレージカードです。私の場合、ANAのVISAゴールドカードをマインカードとしていて、PASMOのオートチャージでマイルを貯めるためにソラチカカード(JCB)(初年度年会費無料、2年目以降2100円)を使用しているので、さらにヤマダLABI ANAマイレージカードを作るとクレジットカードが増えすぎる気はしますが、ヤマダLABI ANAマイレージカードは初年度年会費無料でヤマダ電機を利用すれば2年目以降も実質的に年会費はは無料になります(原則525円で、前年にカードの利用実績があれば年会費は無料)

今まで、家電製品については主にヨドバシカメラを利用していましたが、最近は何だかんだいってもヤマダ電機が一番安いというのが定説になりつつあるので、ヤマダ電機を利用しようかと思っています。

ヤマダLABI ANAマイレージカードをヤマダ電機で使用すると現金購入と同様10%のヤマダポイントを獲得することができます。そしてヤマダ電機の4000ポイントを1000マイルに交換できます。といっても、1ポイント1円とすると1マイル4円換算となりますので、交換率はそれほどよくはありません。なお、ヤマダポイントに加えて1000円で1ポイントのセゾン永久不滅ポイントも獲得でき、このポイントもマイルに移行することができます。ただこれも200ポイントで625マイルということなので、20万円で625マイルということになり、よい換算率とはえいませんがマイルは溜まります。

また、私の場合はたまにコストコを利用し、従来はAMEXカードを持っていなかったため現金で支払いをしていましたが、このカードを作ることでコストコの利用でもマイルを貯められることになります(なにより現金を準備していかなくてよくなるのがうれしかったりしますが・・・)。

使わなければ解約すればよいだけなので、とりあえず申し込んでみようと思います。

日々成長

関連記事

  1. ANAカードを上回る還元率って?-漢方スタイルクラブカード

  2. Windows10をWindows7に戻したら日本語入力ができな…

  3. ANAマイラーは電子マネーnanacoの利用を要検討

  4. この異常なアクセス数はどうやらYahooのリンクによる影響のよう…

  5. 非破壊スキャンが可能なScansnap SV600

  6. アメックスのスカイトレベラーってどうなんだろう

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリー

ページ上部へ戻る