menu
閉じる
閉じる
閉じる
  1. 日給月給制とはなんですか?
  2. 2016年IPOは86社で7年ぶりの減少
  3. CGコード説明率が高いのは補充原則1-2④
  4. 有償新株予約権の会計処理の原案が明らかに
  5. 外貨建満期保有目的債券の期末換算処理
  6. 二社以上の取締役を兼務する場合の社会保険の取扱い
  7. 「会計税務委託料を必要経費と認めず」が昨年一番読まれた記事だったそうで…
  8. IFRS適用の国内子会社も実務対応報告18号の対象に
  9. 役員規程で取締役の辞任を制限できるか?
  10. 監査報告書原本の写しが添付されるようになると面白いかも
閉じる

出る杭はもっと出ろ!

象印の炊飯器「南部鉄器 極め羽釜」はいい

象印の「南部鉄器 極め羽釜」を購入しました。口コミから象印の「南部鉄器 極め羽釜 プライムブラック NP-ST10-BP」にするかタイガーの「THE炊きたて JKX-A100」にするか迷いましたが、最終的に象印の「南部鉄器 極め羽釜プライムブラック NP-ST10-BP」」を選択しました。

上記の二つの炊飯器は、象印・タイガーそれぞれの最高機種で、価格も高くなっています。最近は、家電であれば今はヤマダ電機の池袋本店が安いというのがよく言われているので、初めてヤマダ電機の池袋店へ足を運んでみることにしました。店舗に行く前から候補は2機種に絞られていたのですが、実際に売り場に行ってみると、かなりの数の炊飯器が展示されており、洗米機能のついた炊飯器などもあって色々な炊飯器があるものだと感心してしまいました。

売り場では、タイガーの「THE炊きたて JKX-A100」で炊いたご飯の試食ができ、これもおいしかったのですが、やはり内釜が南部鉄器で作られているということと長時間保温してもご飯がおいしいという評判から象印の「南部鉄器 極め羽釜プライムブラック NP-ST10-BP」」の方が気になり、こちらを選択することにしました。

購入当日に持ち帰って夕ご飯をこの炊飯器で炊く気満々でしたが、残念ながら在庫はないということでした。店舗の売り場に来ていた象印の社員の方いわく、よく売れているそうで1週間で1000台位売れているとのことでした。(確認していませんが全国で)1週間で1000台というと大したことがないようにも思えますが、そもそも炊飯器を購入しようとする人もそれほど多くないはずですし、実勢価格でも7万円~8万円もする炊飯器がよく売れているというのが驚きでした。値段は高くとも、おいしいご飯を食べたいというニーズが相当高く、そのためなら7万円位ははらってもよいという人が私を含め相当するいるということのようです。

「南部鉄器 極め羽釜 プライムブラック NP-ST10-BP」という商品名からもわかるように、この機種のカラーは基本的にブラックのみとのことでしたが、先週時点では限定色としてプライムホワイト(一つ下の機種のNP-SC10と同じ)があるということでした。販売が好調なためブラックだと年内の配送も間に合わないかもしれないが、プライムホワイトなら1週間程度で配送できるはずとのことだったので、色はプライムホワイトを選択しました。

購入価格は配送料込で73,000円+ポイント4%でした。日によってはもう少しよい条件で購入できることもあるかもしれませんが、当日ネット通販で購入しても7万円程度が最安値でしたので、何かあったときの対応と長期保証がついていることを考えれば、このくらいの価格差は許容範囲ということで手を打ちました。

1週間くらいで配送ということでしたが、実際には1週間もかからずに配送されてきました。早速、「かまど極め」モードでご飯を炊いてみると、確かに「おこげごはん」が出来上がり、おいしく頂けました。炊き方が色々あって、すべて試すのに時間がかかりそうですが、無洗米ではなく普通の白米も使用してみたくなる炊飯器です。

日々成長

関連記事

  1. 仕事始め

  2. 気になるクレジットカード-YAMADA LABI ANAマイレー…

  3. 閲覧数が多かったエントリTOP10-2011

  4. 2011年も折り返し地点

  5. 「心を上手に透視する方法」とは?

  6. 尖閣諸島問題

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリー

ページ上部へ戻る