menu
閉じる
閉じる
閉じる
  1. 配当金は持参債務-株主が海外に居住している場合はどうする?
  2. 2016年3月期東芝の監査報酬は53億円-FACTA2017年4月号
  3. 仮想通貨(ビットコイン等)が消費税の非課税対象に
  4. 「法人税。住民税及び事業税等に関する会計基準」が公表されました。
  5. 株主総会で従業員株主が複数質問するも総会決議に著しい不公正がないと判断…
  6. セルフメディケーションの添付書類の見直し
  7. 不正アクセスでクレジットカード番号等の情報が流出した可能性を開示-GM…
  8. 取締役会の専決事項とされる「多額の借財」の「多額」はどのレベル?
  9. エフオーアイの粉飾決算で主幹事証券に賠償責任が認められた判決ー東京地裁…
  10. どうなるSOX?
閉じる

出る杭はもっと出ろ!

退職給付債務の計算方法を簡便法から原則法に変更した場合の処理のタイミングは?

今回は、退職給付引当金を簡便法から原則法に変更した場合に、どの時点で損益を認識すべきかについて考えてみます。計算方法を簡便法から原則法へ変更した際の処理については、以前”退職給付債務の計算方法を簡便法から原則法へ変更した場合の処理”で書きましたが、どの時点で損益を認識すべきかについては書いていませんでした。

この点について、「キーワードでわかる退職給付会計 二訂増補版」(有限責任監査法人トーマツ 公認会計士 井上雅彦著)では、「移行に係る会計処理としては、例えば、期中は簡便法による退職給付費用を計上し、期末の実際退職給付債務は原則法により評価する方法などが合理的でしょう。」と述べられています。

ところが、”退職給付債務の計算方法を簡便法から原則法へ変更した場合の処理(その2)”で書いたように、実際の事例としては第1四半期で損失を計上しているケースが多いように見受けられます。

ここで、第1四半期で簡便法から原則法へ変更した際の影響額を計上してるということは、期首時点で原則法により計算した場合の金額と従来の計上額との差額を計上しているということになると考えられます。そうであるならば前期末で処理できた(処理すべきであった)のでは?という疑問が生じます。

この点について考えると、原則法による計算を行う際のデータ基準日がいつであるかという点が影響するのではないかと考えられます。データ基準日については、合理的な調整を加えることを前提に、最長で貸借対照表日(決算日)の1年前とすることが認められています。

データ基準日を貸借対照表日の1年前とすることとした場合、例えば2012年3月期の退職給付債務を計算するためのデータ基準日は2011年3月31日となります。この場合、2012年3月期中に退職給付制度の対象となる従業員が増加して300人を超えたとすると、2012年3月31日をデータ基準日として原則法による退職給付債務がはじめて計算されることになると考えられます。

通常の流れであれば、2012年3月末のデータに基づいて2013年3月末の退職給付債務が計算されるわけですが、2012年3月末の退職給付債務を計算することも当然できます(これが原則です)。しかしながら、2012年3月末のデータで2012年3月末の退職給付債務を計算し、会計処理を行うのは決算日程上に困難です。そこで、期首時点の原則法と簡便法との差額を翌期の第1四半期で処理するということになるのではないかと思います。

一方で、期末時点で原則法を適用できるだけの従業員数となったのであれば、その時点で会計処理を行うべきと考えると、冒頭の「期末の実際退職給付債務は原則法により評価する方法などが合理的」ということになると考えらえます。

上記では、データ基準日が1年前を想定していますが、3月決算の会社が仮に12月31日をデータ基準日とし、その時点で300人を超えていたとすれば、その年度末において原則法への変更の影響額を処理することが可能であると考えられるので、年度末に処理が必要となると考えられます。このような場合はまさに、期中は簡便法により退職給付費用を計上し、期末に原則法との差額を処理するということになるのではないかと考えられます。

日々成長

関連記事

  1. 税制改正による定額法への変更で混乱が生じる可能性が大?

  2. 東京建物の業績予想修正もオリンパス・大王の影響か?

  3. 子会社清算により少数株主に払戻しを行った場合のCF計算書上の表示…

  4. 買収時に減損されている固定資産はどう評価すべきか?

  5. 中外製薬が2013年12月期よりIFRSの任意適用へ

  6. 中国子会社の三項基金

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリー

ページ上部へ戻る