menu
閉じる
閉じる
閉じる
  1. 2021年3月期よりKAM導入で監査基準改訂
  2. 取締役就任時の慰労金特約が持つ意味は?
  3. 2017年4月から2018年2月期の会計方針の変更は29社・30件
  4. 一定期間災害保障重視型定期保険が1/2損金算入保険になるようです
  5. 四半期報告書作成の留意点(平成30年6月-第1四半期)(その2)
  6. 四半期報告書作成の留意点(平成30年6月-第1四半期)(その1)
  7. 2018年上期IPOは40件(PRO除くと36件)
  8. 商品券は非行使部分の取扱いに注意-収益認識会計基準
  9. キャンセル料100%ならキャンセルすると損なのか?
  10. 米国子会社に全部合算課税のリスクが問題となっているようです
閉じる

出る杭はもっと出ろ!

Scansnapの新機種”Scansnap ix500”が発売されていました

書籍等の電子化で愛用しているScansnap S1500の後継機が発売されていることを電車の車内広告で知りました。それが、2012年11月30日に発売されたScansnap ix500です。

まず値段を価格.comで調べてみたところ、楽2ライブラリSmartというソフト付のScanSnap iX500 Deluxeが約4万7000円が最安値となっています。ちなみに富士通の直販サイトで購入した場合の価格は54,800円です。発売間もないということで、あまり安くはなっていません。

ScanSnap iX500の特長として以下の点が挙げられています。

・新開発の画像処理エンジン「GI」プロセッサーを搭載
・スマートフォン/タブレットと簡単に連携
・毎分25枚・50面の高速読み取り
・安定した給紙を実現
・本体デザインを一新
・クイックメニューで分かりやすい操作性
・検索可能なPDFの高速生成
・名刺管理ソフト「CardMinder」を刷新・統合

まず、「新開発の画像処理エンジン「GI」プロセッサーを搭載」という点については、プロセッサーがどうこうというのは正直よくわかりませんが、とりあえずUSB3.0に対応することとなっている点と、Wifiでの接続が可能となっている点が大きな違いだと思います。私が今使用しているScansnap S1500の場合、原稿の読み取りスピードとPCへのデータ転送とにタイムラグが結構生じるのでUSB3.0対応になってこれが多少改善されているかもしれません。また、Wifi転送は、いちいちPCを接続しなくてもよくなるので魅力的です。

次に「スマートフォン/タブレットと簡単に連携」ですが、これはどうやらiPad等にインストールした専用アプリからスキャンの指示をかけるとiPad等にデータが転送されるという仕組みの用です。一見便利そうではありますが、実際に使用することは多くない機能ではないかと思います。スマートフォンやタブレットに直接データを保存できるというよりは、各種クラウド系のサービスにデータを保存できるという機能の方が利用頻度が高いのではないかと思います。

クラウド系のサービスへの読み取りデータの保存については、Dropbox、 Evernote、Google ドキュメント、Salesforce CRM、SugarSyncとの連携メニューが搭載されているとのことで、これはかなり使い勝手がよさそうです。少し話が逸れますが、Scansnap S1500ユーザとして気になるコメントを発見しました。というのは、「クラウドサービスと簡単に連携」が解説されているページに「S1500 / S1500M / S1300 / S1100をご使用のお客様は、ScanSnap Manager (Windows® / Mac OS)、ScanSnap Organizer (Windows®)、名刺ファイリングOCR (Windows®)、CardMinder (Mac OS)を最新版にアップデートしてください。」という記載がされていて「今すぐアップデート」ボタンが設置されています。ということは、これをアップデートすることでS1500でもクラウド系のサービスとの連携が可能となるということではないかと思います。未検証ですが、年末の書籍電子化作業時に合わせて試してみようと思います。

読み取り速度については、従来より25%向上し毎分25枚となったとのことで、S1500でも結構速いという感じがしていましたが、さらに速度がアップしたということで評価できます。これよりも気になるのは、「ScanSnapシリー ズで初めてブレーキローラーによる原稿分離方式を採用」されたという点です。これも、技術の方式は正直どうでもよいですが、原稿の重なりでスキャンが止まることがより少なくなるのであれば非常にありがたい機能といえます。業務用スキャナで培った給紙技術を継承しているということで期待できそうです。

最後に、「検索可能なPDFの高速生成を実現」という点では、従来製品比45%時間短縮を実現したということで、これもかなりの改善と言えそうですが、個人的にはいままでもPCの空き時間に検索可能なPDFへの変換作業を行うような設定にしていたので、実用性という点でいえばあまり影響はないように思います。

Wifi転送にやや魅かれるものの、S1500でもクラウド系のサービスへの連携が可能となっていそうなので、S1500が壊れるまでは買い換えるほどではないかなというのが今の心境です。

日々成長

関連記事

  1. ネットワーク対応ハードディスク

  2. イーモバイルLTEとD41HW(42Mbps)は実際どれくらい違…

  3. Excelの使い方を改めて確認してみた(その4)

  4. MOLESKINEの18か月スケジュール帳2014年版

  5. iPadのスクリーンコピー

  6. タスクバーの配置を変更するだけの業務効率化

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリー

ページ上部へ戻る