menu
閉じる
閉じる
閉じる
  1. 企業型DC導入に伴う減額改定は役員給与の「臨時改定事由」に該当せず
  2. 電通違法残業裁判-求刑「罰金50万」は何故?
  3. 有償新株予約権の会計基準はトーマツの社内通達が原因?
  4. 有償新株予約権の会計処理-公開草案コメントは253件で大部分は反対意見…
  5. ビットコインの利益は「雑所得」-国税庁タックスアンサー
  6. 公募増資を巡るインサイダー取引の裁判で国側が高裁でも敗訴
  7. DCF法で第三者割当しても、簿価純資産でIPO直前期に自己株取得してい…
  8. 1歳6か月に達する日はいつのこと?-改正育児・介護休業法施行前に再確認…
  9. 日本郵政の有価証券報告書であらためて気づくこと-内部監査に問題あり?
  10. 独立社外取締役の2名以上選任が約85%に
閉じる

出る杭はもっと出ろ!

転換社債とは?

今回は、会計士受験時代に簿記(今でいうところの会計学)の問題ではたびたび登場していましたが、実務上お目にかかった記憶がない転換社債について確認します。

転換社債は、旧商法時代の改正によって転換権が新株予約権として整理されたため、現在の実務では「転換社債型新株予約権付社債」と呼ばれているものです。会社法の位置付けとしては2条22号に定められている「新株予約権付社債」の一種で、新株予約権を行使する際に,社債の全部または一部を現物出資する(法236条1項3号)という特約が付されたものです。なお、旧商法では、転換社債型新株予約権付社債を表す規定が存在していましたが、会社法では上記のような定めがなされているのみとなっています。

「転換社債型新株予約権付社債」(旧転換社債)については、新株予約権部分の取扱いについて、分離型・非分離型、区分法・一括法という観点で歴史的に取扱いが変わってきています。分離型・非分離型は、新株予約権部分を本体の社債と分離して譲渡可能かどうかという性質による分類であり、、区分法・一括法は、新株予約権部分を区分して会計処理するかどうかという分類になります。

最終的に平成14年4月1日以後は、新株予約権付社債の新株予約権または社債のどちらかが消滅した場合を除いて、どちらか一方のみの分離譲渡が禁止されることになりました。これは、新株予約権の単独発行が可能であるため分離型の新株予約権付社債が発行できなくでも、社債と新株予約権を別個に発行することにより同様の経済効果を実現することが可能であるためです。

上記の改正に対応して公表された「旧商法による新株予約権及び新株予約権付社債の会計処理に関する実務上の取扱い(実務対応報告第1号)」では旧転換社債を「代用払込の請求があったとみなす新株予約権付社債」として会計処理を整理しています。関連している部分を一部抜粋しておくと以下のようになっています。

以前の転換社債は、株式への転換権の分離譲渡ができず、社債の発行価額と転換権の行使に際して払い込むべき額を同額とした上で、転換権を行使するときは、必ず社債が償還されて、社債の償還額が転換権の行使に際して払い込むべき額に充てられるものである。
したがって、代用払込の請求があったとみなす新株予約権付社債は、以前の転換社債に相当するものとして定められたものであると考えられる。ただし、新株予約権が消却された場合又は社債が繰上償還された場合には、社債と新株予約権がそれぞれ単独で存在し得る可能性があるので、そのような場合には以前の転換社債の性格は失われると考えられる。したがって、代用払込の請求があったとみなす新株予約権付社債の経済的実質が以前の転換社債と同一であると考えられるためには、社債と新株予約権がそれぞれ単独で存在し得ないことが明確にされていることが必要であり、例えば、以下のいずれかが社債要項等に照らして明らかである必要がある。

① 新株予約権について消却事由を定めておらず、かつ、社債についても繰上償還を定めていないこと。

② 新株予約権について消却事由を定めている場合には、新株予約権が消却されたときに社債も同時に償還されること、かつ、社債について繰上償還を定めている場合には、社債が繰上償還されたときに新株予約権も同時に消却されること。

一方、代用払込の請求があったとみなす新株予約権付社債のうち、社債と新株予約権がそれぞれ単独で存在し得ないことがあらかじめ明確にされていないものについては、以前の転換社債と同様の性格をもたないと考えられる。

次に「代用払込の請求があったとみなす新株予約権付社債」のうち「 代用払込の請求があったとみなす新株予約権付社債で以前の転換社債と経済的実質が同一であると考えられるもの」の会計処理(発行者)については、以下のように定められれています。

代用払込の請求があったとみなす新株予約権付社債で以前の転換社債と経済的実質が同一であると考えられるものの発行価額は、社債と新株予約権のそれぞれの発行価額を合算し、普通社債の発行に準じて処理する。又は、代用払込が認められる新株予約権付社債の会計処理に準じて処理する。

つまり、旧転換社債については、原則的には一括法で会計処理されることとなりますが、区分法により処理することもできるということになっています。

一括法による処理が認められる理由としては、「転換社債については転換権が行使されると社債は消滅し、社債の償還権と転換権が同時にそれぞれ存在し得ないことから、それぞれの部分を区分して処理する必要性は乏しいと考えられることに求められる」とされています。

また、「代用払込の請求があったとみなす新株予約権付社債で以前の転換社債と経済的実質が同一であると考えられないもの」については、区分法により会計処理することが必要となる点に注意が必要です。

日々成長

関連記事

  1. 過年度遡及修正-適用初年度は前期分を修正するのかしないのか

  2. IAS10(後発事象)

  3. 「第二会社方式」とは?(その1)

  4. 連結納税の税効果(その1)

  5. グループ法人税(その3)-譲渡損益調整資産とは?

  6. 過年度遡及修正と各法制度との関係(その2)

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリー

ページ上部へ戻る