menu
閉じる
閉じる
閉じる
  1. 消費税受還付事件-平成29年度は過去最高の懲役7年6月も
  2. エフオーアイの粉飾-主幹事証券に責任認めず(東京高裁)
  3. 単位の誤りや日付誤り-有報提出前にもう一度チェックしましょう。
  4. 監査報酬は引き続き増加傾向
  5. メルカリの仕入税額控除否認のロジックとは?
  6. 譲渡制限付株式の導入社数が1.5倍に
  7. 平成30年3月期決算短信-平均所要日数は39.1日
  8. 改正税効果早期適用は16社-2018年3月期
  9. 有価証券等の譲渡に係る内外判定の改正(消費税)ー平成30年度改正
  10. 粉飾決算をめぐり監査法人に約6億円の損害賠償-プロデュース社事件
閉じる

出る杭はもっと出ろ!

IFRS任意適用10社目は楽天-2013年12月期第1四半期より

2012年12月20日に楽天が2013年12月期からIFRSを任意適用することを発表しました。2013年12月期の第1四半期から適用ということなので、既に開始されているこの第1四半期からの適用となるようです。

これで、IFRSの任意適用は10社となります。グローバル化を意識し社内公用語を英語にするといったことで話題となった楽天なので、IFRSの任意適用という選択も自然な感じはします。

ただし、2011年12月期のセグメント情報によると「本邦の外部顧客売上高が連結損益計算書の売上高の90%を超える」状況にあり、実績的にはグローバル化はまだまだこれからという感じがします。社内公用語を英語にするのと同様、グローバル化への先行準備という位置づけという評価が妥当ではないかと思います。

ところで、社内公用語を英語にするといえば「楽ユニショック」の片割れのユニクロ(ファーストリテイリング)の動向も気になりますが、こちらも売上5兆円を目指すくらいの会社なので、当然のごとく準備中なのではないかと思います。

潜在的には、相当数の会社がIFRSの任意適用に向けて準備しているものと推測されます。2013年中に任意適用を発表する会社が何社になるのか注目です。

日々成長

関連記事

  1. IAS19(退職給付)の改定―遅延認識の廃止等

  2. IFRSの準備企業-上場会社の約2割を多いとみるか少ないとみるか…

  3. IFRS任意適用の目標が300社というのは何故?

  4. IFRSの任意適用で赤字から黒字へ-そーせいグループ

  5. 財務諸表の作成及び表示に関するフレームワーク(IFRS)

  6. IFRS適用会社が42社に拡大

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリー

ページ上部へ戻る