menu
閉じる
閉じる
閉じる
  1. 有償新株予約権の会計処理の原案が明らかに
  2. 外貨建満期保有目的債券の期末換算処理
  3. 二社以上の取締役を兼務する場合の社会保険の取扱い
  4. 「会計税務委託料を必要経費と認めず」が昨年一番読まれた記事だったそうで…
  5. IFRS適用の国内子会社も実務対応報告18号の対象に
  6. 役員規程で取締役の辞任を制限できるか?
  7. 監査報告書原本の写しが添付されるようになると面白いかも
  8. 監査報告書にサインする会計士の数に意味はある?
  9. 平成29年度税制改正で連結納税採用は加速する?
  10. 社外取締役の年間報酬平均額に大きな変動無し(労政時報2016年調査)
閉じる

出る杭はもっと出ろ!

ソフトバンクと丸紅がIFRSの任意適用を発表-これで12社

2013年1月31日にソフトバンク、2013年2月1日に丸紅が2014年3月期(来期)からIFRSを任意適用することを発表しました。

これで、IFRSの任意適用企業(発表企業を含む)は以下の12社となりました。

1.日本電波工業(任意適用済・・・2010年3月期より)
2.HOYA(任意適用済・・・2011年3月期より)
3.住友商事(任意適用済・・・2011年3月期より)
4.日本板硝子(任意適用済・・・2012年3月期より)
5.日本たばこ産業(任意適用済・・・2012年3月期より)
6.DeNA(今期より任意適用開始・・・2013年3月期より)
7.SBIホールディングス(2013年3月期より)
8.アンリツ(2013年3月期より)
9.中外製薬(2013年12月期より)
10.楽天(2013年12月期より)
11.ソフトバンク(2014年3月期より)
12.丸紅(2014年3月期より)

総合商社では、これで住友商事と丸紅がIFRSを任意適用することになります。業界地図2012年版(2013年版は手元にないので・・・)によれば、三菱商事、伊藤忠商事、三井物産、丸紅、住友商事の順なので、規模が小さいほうから任意適用がすすんでいるということでしょうか。

上位三つがこのまま米国基準を適用し続けたらどうなるのかというのも見てみたいところですが、以前IFRSの適用が強制されそうになった際に、米国基準での開示継続が認められなくなる方向で話がまとまっていたことからすると、やはり無視はできないのではないかと思います。

もともと米国基準で開示していた会社であれば、日本基準を適用している会社よりもIFRSの任意適用のハードルも低いと考えられますので、商社以外の米国基準適用企業がどのタイミングで任意適用に踏み切るのか注目です。

当初IFRSの強制適用が議論されていた時期から、かなり期間が経過していますので今年あたりIFRSの任意適用企業が従来以上のペースで出てきても不思議ではありません。

日々成長

関連記事

  1. 比較情報の取扱いに関する研究報告(その3)

  2. 企業財務会計士とは?

  3. 期中に連結子会社がなくなったら期末の連結財務諸表作成は不要?

  4. 51921490_xl

    IFRS適用の国内子会社も実務対応報告18号の対象に

  5. 振当処理を採用している場合の包括利益計算書

  6. 25年3月期の見積の変更は76件(71社)

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリー

ページ上部へ戻る