menu
閉じる
閉じる
閉じる
  1. 「一般被保険者」の定義解釈を誤り税理士に損害賠償請求
  2. 有給休暇を入社日に分割付与した場合の次年度分の付与日はいつ?
  3. 株主総会資料の電子提供は総会開催日の3週間前からとなる見込み
  4. 有償新株予約権の実務報告-68社中66社が経過的取扱いを採用
  5. 「取締役の個人別の報酬等の内容に係る決定の再一任」の見直し案
  6. 株主総会の基準日変更-今年は0社(全株懇調査)
  7. SMBC日興証券の元社員がインサイダー取引関与の疑いで逮捕
  8. 外国人従業員が配偶者が複数いると申告してきたらどうする?
  9. 日本取引所のCEOが内規に違反し投資-このタイミングで公表は果たして・…
  10. 年末調整後に配偶者の合計所得見積額が違っていたと従業員が申告してきたら…
閉じる

出る杭はもっと出ろ!

敷金を現物出資することはできるのか?

今回は、敷金を現物出資することはできるのか?についてです。

そもそも、現物出資は変態設立事項として会社法で定めれられているものであるので、会社法で現物出資をどのように規定しているのかが重要となります。

この点については、「現物出資を何で行うかは、動産・不動産・手形・有価証券・出資金・鉱業権・特許権など貸借対照表能力を有するものである限り、その対象となりうる。それは財産権の移転に限らず、使用収益権の設定でもよく、金銭の出資に加えて複合的に出資するものも含まれる。したがって、事業の全部又は一部も現物出資の対象となりうる」(「現物出資と現物分配の税務」(木村一夫))とされています。

貸借対照表に敷金として計上されている金額は貸借対照表能力があるはずですので、上記からすれば敷金を現物出資することも可能と考えらえます。もっとも、金融商品実務指針133項において「賃貸人の支払能力から回収不能と見込まれる金額がある場合には、貸倒引当金を設定する必要がある。」とされているので、そのような場合は貸倒引当金控除後の金額が貸借対照表能力を有するが金額ということになると考えられます。

と、これで終わればわかりやすくてよいのですが、ネットで検索すると敷金や差入保証金を現物出資することはできないと解説しているものが散見されます。

理由として挙げられているのは、概ね以下の二つです。

①敷金は金銭債権ではないから

これは、敷金は物件を明け渡したときに初めて返還請求権という金銭債権になるため現物出資することができないというものです。しかしながら、敷金が金銭債権でないにせよ、貸借対照表能力があることは明らかなので、金銭債権でない状態の敷金が現物出資できないという根拠にはならないのではないかと考えられます。

②敷金は実際にいくら返還されるかわからないから

これは、敷金は通常原状回復費用を差し引いた金額が返金されることになるため、評価額が確定できないからというものです。しかしながら、基本的に資金は全額返金されるのが原則ですし、いくらになるかがわからないというのであれば、土地であろうと建物であろうと実際に現金化してみないといくらになるかはわからないので、これも理由としては弱いと思います。

とすれば、やはり敷金も現物出資できそうですが、敷金を現物出資できないとする根拠を発見しました。

それは、登記上の理由です。裁判上の判例のように登記にも先例というものがありますが、その中に「賃借物の返還により既に発生している敷金返還請求権の現物出資は可能であるが、賃貸借契約が継続中であるなど、敷金返還請求権が現に発生していない場合には,これを現物出資の目的とした設立の登記の申請は、受理することができない」というものがあります。

すなわち、「賃貸借契約が継続中」の場合、敷金を現物出資財産とすると設立の登記ができないということになります。ここから推測するに、増資の場合も同様ではないかと思います。ただし、この点ついては、法務局と交渉の余地があるようです。

まとめると、会社法上の考え方では敷金も現物出資対象となりうるが、登記ができないことから、実務上は敷金は現物出資できないと言われることが多い、ということのようです。

日々成長

関連記事

  1. 「第二会社方式」とは?(その2)

  2. 東証一部で独立社外取締役を2名以上選任している会社の割合が9割超…

  3. 現物株式報酬導入企業は累計130社に

  4. 2名以上の独立社外取締役選任企業の割合は東証一部で88%に上昇

  5. 内部通報からの調査でゴーン氏逮捕-5年にわたり年10億円程度を過…

  6. 2017年6月開催の株主総会の状況確認

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリー

ページ上部へ戻る