menu
閉じる
閉じる
閉じる
  1. 四半期報告書作成の留意点(平成30年6月-第1四半期)(その2)
  2. 四半期報告書作成の留意点(平成30年6月-第1四半期)(その1)
  3. 2018年上期IPOは40件(PRO除くと36件)
  4. 商品券は非行使部分の取扱いに注意-収益認識会計基準
  5. キャンセル料100%ならキャンセルすると損なのか?
  6. 米国子会社に全部合算課税のリスクが問題となっているようです
  7. フレックスタイム制の清算期間の上限が3ヶ月に延長(19年4月より)
  8. 平成31年4月以降終了事業年度分の「勘定科目内訳明細書」が公表されまし…
  9. 18年4月以降に発行された報酬ではない有償ストック・オプションとは?
  10. マイナンバー、提供されなかった個別事情まで記録は不要
閉じる

出る杭はもっと出ろ!

旭硝子がIFRSの任意適用を発表-2013年12月期通期決算より

2013年2月7日に旭硝子がIFRSの任意適用を発表しました。

これでIFRSの任意適用(発表)会社は以下の13社となりました。

1.日本電波工業(任意適用済・・・2010年3月期より)
2.HOYA(任意適用済・・・2011年3月期より)
3.住友商事(任意適用済・・・2011年3月期より)
4.日本板硝子(任意適用済・・・2012年3月期より)
5.日本たばこ産業(任意適用済・・・2012年3月期より)
6.DeNA(今期より任意適用開始・・・2013年3月期より)
7.SBIホールディングス(2013年3月期より)
8.アンリツ(2013年3月期より)
9.中外製薬(2013年12月期より)
10.楽天(2013年12月期より)
11.ソフトバンク(2014年3月期より)
12.丸紅(2014年3月期より)
13.旭硝子(2013年12月期通期決算より)

まだ13社ですが、9社目の中外製薬がIFRSの任意適用を発表したのが2012年12月14日と2カ月位前なので、それ以前と比較すると、急速に任意適用企業が増加してきているといえます。IFRSの強制適用が検討された時期からして、任意適用に十分な準備期間が経過してきたという感じかもしれません。

2013年中に30社くらいにはなるのでしょうか?

日々成長

関連記事

  1. IFRSの任意適用要件が大幅に緩和されました

  2. 株式割引発行差金-韓国GAAPとIFRS

  3. IFRS適用検討会社数はこの位が限界か?

  4. 消化仕入の表示方法を総額表示から純額表示へ変更-平成28年3月期…

  5. IFRS任意適用会社がようやく100社を突破

  6. IFRS任意適用の目標が300社というのは何故?

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリー

ページ上部へ戻る