menu
閉じる
閉じる
閉じる
  1. 税制適格ストック・オプションの拡充はベンチャーに限定されないようです
  2. 平成30年度税制改正でこんな罰則が強化されていたとは・・・
  3. CGSガイドラインの改訂-後継者計画等
  4. 有償新株予約権-実務対応報告適用開始後も15社が発行
  5. インボイス制度における端数処理は何故領収単位か?
  6. 長期のインセンティブが弱いRS等に多くの反対票
  7. 監査法人に対する勧告の公表差し止め請求認めず-東京高裁
  8. 一体開示で表示方法を変更した場合の記載事例
  9. 収益認識の代替的取扱いで再検討される項目がある?
  10. マンション販売に関する仕入税額控除否認に対し、エーディーワークスが審査…
閉じる

出る杭はもっと出ろ!

旭硝子がIFRSの任意適用を発表-2013年12月期通期決算より

2013年2月7日に旭硝子がIFRSの任意適用を発表しました。

これでIFRSの任意適用(発表)会社は以下の13社となりました。

1.日本電波工業(任意適用済・・・2010年3月期より)
2.HOYA(任意適用済・・・2011年3月期より)
3.住友商事(任意適用済・・・2011年3月期より)
4.日本板硝子(任意適用済・・・2012年3月期より)
5.日本たばこ産業(任意適用済・・・2012年3月期より)
6.DeNA(今期より任意適用開始・・・2013年3月期より)
7.SBIホールディングス(2013年3月期より)
8.アンリツ(2013年3月期より)
9.中外製薬(2013年12月期より)
10.楽天(2013年12月期より)
11.ソフトバンク(2014年3月期より)
12.丸紅(2014年3月期より)
13.旭硝子(2013年12月期通期決算より)

まだ13社ですが、9社目の中外製薬がIFRSの任意適用を発表したのが2012年12月14日と2カ月位前なので、それ以前と比較すると、急速に任意適用企業が増加してきているといえます。IFRSの強制適用が検討された時期からして、任意適用に十分な準備期間が経過してきたという感じかもしれません。

2013年中に30社くらいにはなるのでしょうか?

日々成長

関連記事

  1. IFRSにおける有給休暇引当金の参考事例

  2. 機能通貨の変更の処理-IAS21

  3. IASBがのれん減損テストの緩和措置を検討するそうです

  4. 東証決算短信の記載要領が改正(2014年11月)-会計基準選択の…

  5. IFRS任意適用の目標が300社というのは何故?

  6. IFRS適用を考慮し8社が決算期変更

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリー

ページ上部へ戻る