menu
閉じる
閉じる
閉じる
  1. 税制適格ストック・オプションの拡充はベンチャーに限定されないようです
  2. 平成30年度税制改正でこんな罰則が強化されていたとは・・・
  3. CGSガイドラインの改訂-後継者計画等
  4. 有償新株予約権-実務対応報告適用開始後も15社が発行
  5. インボイス制度における端数処理は何故領収単位か?
  6. 長期のインセンティブが弱いRS等に多くの反対票
  7. 監査法人に対する勧告の公表差し止め請求認めず-東京高裁
  8. 一体開示で表示方法を変更した場合の記載事例
  9. 収益認識の代替的取扱いで再検討される項目がある?
  10. マンション販売に関する仕入税額控除否認に対し、エーディーワークスが審査…
閉じる

出る杭はもっと出ろ!

プレミアドメインの取得費用の処理は?

税務通信3254号のショウ・ウインドウで”ドメインの取得費用”が取り上げられていました。

普通に取得可能なドメインあれば、ドメインの種類(.comなのか.co.jpなのか)によって異なるものの、かかって年間3000円程度ですので、気にもなりませんが、プレミアドメインの場合は金額が大きくなるのでどう取り扱うべきかは悩むところではないか思います。つまり、金額が大きくなる場合には、税務上、繰延資産として資産計上しなければならないのではないか?という疑問です。

ちなみに、プレミアドメインの販売価額の一例を示すと、”eto.net”は1,720,782円、”nao.net”は1,869,840円で販売されていました(いずれもお名前.com)。もちろんプレミアドメイン(通常の値段よりも割高なドメイン)がすべてこのような価格ではありませんが、30万円とか50万円とかいうのは散見されますが、いずれにしても、税務上一時の損金としてよいのだろうか?というのは気になるのではないかと思います。

この記事によると「税務上、ドメイン名自体の取得費用は、その権利期間が1年間で失効してしまうことから、金額の多寡に拘らず、一時の損金となるようだ」とされています。

税務上繰延資産とみなされてしまうのでは?という点については、「一度、特定のドメインを取得すれば、その後も継続して使用することが多いため、既存の登録者からのドメイン名の購入費用は、税務上、ドメイン名を使用するための対価として、支出の効果が1年以上に及ぶ繰延資産に該当するとも考えられそうだ(法法二十四、法令14)」としつつも、「しかし、ドメイン名自体の権利期間は1年間であり、毎年、更新手続を行うことにより継続使用が可能となっている。つまり,更新手続を行わなければ1年間で失効してしまうドメイン名自体に資産性はないものと考えられることから、新規登録手数料や既存の登録者からの購入費用など、金額の多寡に拘らず、ドメイン名自体の取得費用は,販管費等として一時の損金となるだろう。」と結論付けています。

というわけで、プレミアドメインの取得費用であっても即時に損金算入可能と考えられるということのようです。

日々成長

関連記事

  1. 平成23 年度税制改正大綱-その2

  2. 消費税(その14)-課税売上割合に準ずる割合

  3. 平成24年税制改正(その1)-法人税及び租税特別措置法

  4. 「改正法人税法及び復興財源確保法に伴い税率が変更された事業年度以…

  5. 「第二会社方式」とは?(その3)

  6. 四半期報告書におけるCF計算書の任意開示動向-第2四半期は開示が…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリー

ページ上部へ戻る