menu
閉じる
閉じる
閉じる
  1. 交通機関による遅延証明書があっても遅刻分は無給?
  2. 四半期開示制度について「一定の結論」はどうなった?
  3. 18年3月期改正税効果を早期適用した会社の注記はどんな感じ?
  4. 大手監査法人から中小法人への会計監査人交代が鮮明
  5. 取得後3ヶ月の実績でのれん6億円の減損、そして上場廃止
  6. 宿泊予約サイトへの掲載手数料で消費税の誤りが散見されているそうです
  7. 自己株式取得はどの時点で認識すべき?
  8. 自社製品の社員販売はどこまでなら安くても大丈夫?
  9. 執行役員に「執行役」と同等の規律を設けることが提案されているそうです
  10. データ入力時に「Alt+↓」使ってますか?-Excelの使い方
閉じる

出る杭はもっと出ろ!

会社計算規則の改正案-退職給付に関する会計基準対応も大きな影響なし

少し前になりますが、2013年3月8日に法務省から、ASBJが昨年5月17日に公表した「退職給付に関する会計基準」等を踏まえて会社計算規則の一部を改正する省令案が公表されました。なお、意見募集は2013年4月8日までとされています。

まず、気になるのは適用時期ですが、会社計算規則の一部を改正する省令案の概要において「平成25年4月1日前に開始する事業年度に係る計算関係書類についてはなお従前の例によることとする予定である。」とされていますので、2013年3月決算には関係ありません

そして、退職給付会計に関する部分の改正予定の内容ですが形式的な見直しのみで、大きな影響はありません。現状の会社計算規則においても、財規では求められている”退職給付に関する注記”は明示的に求められてはいませんが、改正案においてもこの取り扱いに変更はありません。

したがって、具体的な改正点としては、連結貸借対照表の項目として「退職給付に係る資産」、「退職給付に係る負債」および「退職給付に係る調整累計額」が、連結株主資本等計算書の項目として「退職給付に係る調整累計額」が追加されているという内容にとどまっています。

面倒な手間が増えずに一安心です。

日々成長

関連記事

  1. 債権債務の相殺消去等で生じた換算差額の処理

  2. IFRSでの減価償却費はやはり定額法が無難?

  3. オリンパス第三者委員会の報告書-監査法人の責任は(その1)?

  4. 改正会社法(その2)-監査等委員会設置会社詳細(その1)

  5. 株主総会の延期は可能(法務省見解)

  6. 減価償却の次は収益の認識基準?-出荷基準からの変更ブームがやって…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリー

ページ上部へ戻る