menu
閉じる
閉じる
閉じる
  1. 電子申告義務化に向け、簡素化が図られる可能性あり
  2. 「特定個人情報の適正な取扱いに関するガイドライン(事業者編)」に関する…
  3. 法律を読む技術・学ぶ技術(その2)
  4. 法律を読む技術・学ぶ技術(その1)
  5. 株式の無償発行を会社法上可能とする方向で検討
  6. 収益認識基準により消費税税込み方式は採用不可へ
  7. UKCホールディングスが連結子会社の会計処理誤りの影響を公表
  8. 最高裁、勤務医の残業代は高額年俸に含まれないと判断
  9. タカタ株が5連騰でストップ高-なぜ?
  10. 2018年3月期第1四半期報告書作成上の留意点
閉じる

出る杭はもっと出ろ!

会社計算規則の改正案-退職給付に関する会計基準対応も大きな影響なし

少し前になりますが、2013年3月8日に法務省から、ASBJが昨年5月17日に公表した「退職給付に関する会計基準」等を踏まえて会社計算規則の一部を改正する省令案が公表されました。なお、意見募集は2013年4月8日までとされています。

まず、気になるのは適用時期ですが、会社計算規則の一部を改正する省令案の概要において「平成25年4月1日前に開始する事業年度に係る計算関係書類についてはなお従前の例によることとする予定である。」とされていますので、2013年3月決算には関係ありません

そして、退職給付会計に関する部分の改正予定の内容ですが形式的な見直しのみで、大きな影響はありません。現状の会社計算規則においても、財規では求められている”退職給付に関する注記”は明示的に求められてはいませんが、改正案においてもこの取り扱いに変更はありません。

したがって、具体的な改正点としては、連結貸借対照表の項目として「退職給付に係る資産」、「退職給付に係る負債」および「退職給付に係る調整累計額」が、連結株主資本等計算書の項目として「退職給付に係る調整累計額」が追加されているという内容にとどまっています。

面倒な手間が増えずに一安心です。

日々成長

関連記事

  1. 震災関連の寄付金は特別損失?

  2. グループ法人税と税効果(寄附金)

  3. 結局オリンパスは粉飾決算-金融商品の損失がのれんの減損に化けた!…

  4. 取締役会の専決事項とされる「多額の借財」の「多額」はどのレベル?…

  5. 通知預金とは?

  6. 過年度遡及修正の開示例-1Q四半期報告書より

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリー

ページ上部へ戻る