menu
閉じる
閉じる
閉じる
  1. 内部通報からの調査でゴーン氏逮捕-5年にわたり年10億円程度を過少記載…
  2. 料金体系によっては宿泊費も教育訓練費に該当-賃上げ税制
  3. 有報等に「監査法人の継続監査機関」等の記載が必要になるようです。
  4. 短信で「直近に公表されている業績予想からの修正の有無:有」としつつ、他…
  5. 臨時株主総会で監査等委員会設置に移行したのは常勤監査役が退任する必要が…
  6. 改訂CGコード対応「現時点でCEOの選任を行っておりません。」って・・…
  7. 自社株対価のM&Aが会社法でも可能になる模様
  8. 自社株式を対価とした株式取得による事業再編の円滑化措置を確認
  9. 会社法改正により上場会社等は社外取締役選任が義務化されるようです
  10. 消費税10%への経過措置の取扱いQ&Aが公表されました
閉じる

出る杭はもっと出ろ!

子会社清算により少数株主に払戻しを行った場合のCF計算書上の表示科目は?

今回は、連結子会社を清算して少数株主に対して清算配当を行った場合のキャッシュフロー計算書の表示についてです。

外部株主が存在する子会社を設立したり、増資を行った場合に少数株主から払い込まれた金額については、「連結財務諸表等におけるキャッシュ・フロー計算書の作成に関する実務指針」(会計制度委員会報告第8号)の設例において「少数株主からの払込みによる収入」という表示科目が用いられているので、この表示科目を使用しているのが一般的です。

現に、有報サーチで2012年3月31日決算日の会社の連結キャッシュフロー計算書で「少数株主からの払込みによる収入」で検索すると260件ヒットしました。

ところが、子会社を清算して、少数株主に対して清算配当を実施した場合にはどのような表示科目を使用するのかは明らかではありません。もっとも、子会社を清算するようなケースの大半では、子会社が債務超過に陥っており払い戻せる財産が存在しないことが多いので、子会社の清算によって少数株主に対して支払が生じるケースは稀だと考えらます。

「少数株主からの払込みによる収入」からすると、その逆なので「少数株主への払戻しによる支出」という表示科目が考えられます。そこで、有報サーチで2003年3月31日以降のデータを検索すると、17件(社数では12社)がヒットしました。

「少数株主への払戻しによる支出」という表示科目を用いていた会社をいくつか紹介すると以下の通りです。

①三井住友トラスト・ホールディングス㈱(2009年3月31日)

②ガンホー・オンライン・エンターテイメント㈱(2008年12月31日)

③SMBCコンシューマーファイナンス㈱(2008年3月31日)

④㈱みずほフィナンシャルグループ、㈱みずほ銀行および㈱みずほコーポレート銀行(2008年3月31日)

上記の他、リース会社などもあり、全体的に金融業で多く用いられているという感じです。実際の開示例としては以下のようになっています。

ガンホー・オンライン・エンターテイメント㈱(2008年12月31日)

次に「少数株主への」「清算配当」で検索してみると、「少数株主への清算配当金の支払額」という表示科目を使用している会社が47件ヒットしました。そこで、「少数株主への清算配当の支払額」で検索してみると20件がヒットしました。

「少数株主への清算配当金の支払額」という表示科目を用いていた会社をいくつか紹介すると以下の通りです。

①日本鋳造㈱(2009年3月31日)

②オーナンバ㈱(2009年3月31日)

③アルパイン㈱(2009年3月31日)

④ハリマ化成グループ㈱(2008年3月31日)

こちらは、一般事業会社で多く用いられている表示科目といったところでしょうか。実際の開示例としては以下のようになっています。

アルパイン㈱(2009年3月31日)

上記以外で検索すると、「少数株主への清算配当の支払額」を用いているのが2012年3月期の日本電気硝子㈱など3社、「少数株主への清算分配金の支払額」を用いているのがが2012年3月期の㈱アイネスなど4社がありました。

上記の感じからすると、一般事業会社の場合は、「少数株主への清算配当金の支払額」が無難ではないかと思います。

日々成長

関連記事

  1. オリンパス第三者委員会の報告書-監査法人の責任は(その2)?

  2. 自己株式の会計処理(その1)

  3. 退職給付債務の計算方法を簡便法から原則法へ変更した場合の処理(そ…

  4. 機能通貨の変更の処理-IAS21

  5. 有償新株予約権の会計基準はトーマツの社内通達が原因?

  6. IFRSの任意適用会社(予定を含む)が50社を突破!

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリー

ページ上部へ戻る