menu
閉じる
閉じる
閉じる
  1. 2017年4月から手取額が同額の場合も定期同額給与扱いに-平成29年度…
  2. 配当金は持参債務-株主が海外に居住している場合はどうする?
  3. 2016年3月期東芝の監査報酬は53億円-FACTA2017年4月号
  4. 仮想通貨(ビットコイン等)が消費税の非課税対象に
  5. 「法人税。住民税及び事業税等に関する会計基準」が公表されました。
  6. 株主総会で従業員株主が複数質問するも総会決議に著しい不公正がないと判断…
  7. セルフメディケーションの添付書類の見直し
  8. 不正アクセスでクレジットカード番号等の情報が流出した可能性を開示-GM…
  9. 取締役会の専決事項とされる「多額の借財」の「多額」はどのレベル?
  10. エフオーアイの粉飾決算で主幹事証券に賠償責任が認められた判決ー東京地裁…
閉じる

出る杭はもっと出ろ!

海外出向者に関わる税務(その2)

前回の続きで、税務通信3255号を参考に海外に出向する社員に関わる税務について確認していきます。

3.非居住者に対する支払いの源泉徴収と復興特別税の関係

非居住者に対する支払に関して源泉徴収を行う場合、所得税法の規定による源泉徴収税率を用いる場合は、復興特別所得税を合わせて徴収する必要があります。つまり、例えば所得税率が10%であれば10.21%、20%であれば20.42%を源泉徴収する必要が生じます。

一方で、租税条約による限度税率が適用される場合には、復興特別所得税を徴収する必要はありません。これは、国内法の改正によって租税条約の限度税率を超えて課税することはできないためです。

裏を返すと、上場株式の配当など、国内法(所得税法及び租税特別措置法)の税率の方が租税条約上の限度税率よりも低いため、国内法(所得税法及び租税特別措置法)の税率を適用するものについては、復興特別所得税も併せて源泉徴収する必要があるということになります。(復興特別所得税(源泉徴収関係)Q&A 国税庁平成24年4月)

つまり、実際に限度税率が適用される場合のみ復興特別所得税の源泉徴収は不要ということになります。

4.給与計算期間の途中で非居住者となった場合

給与計算期間が20日締めの月末払というようなケースで、4月1日に出国し4月2日に非居住者に該当することとなった場合で、3月末までの給料を日本側で4月20日に支給することとした場合の源泉徴収はどうなるかです。

この場合は、所得税法基本通達212-3によって、4月20日に支払われる給料から源泉徴収を行う必要はないとされてています。

所得税法基本通達212-3(給与等の計算期間の中途で非居住者となった者の給与等)では以下のように述べてられています。

給与等の計算期間の中途において居住者から非居住者となった者に支払うその非居住者となった日以後に支給期の到来する当該計算期間の給与等のうち、当該計算期間が1月以下であるものについては、その給与等の全額がその者の国内において行った勤務に対応するものである場合を除き、その総額を国内源泉所得に該当しないものとして差し支えない。

つまり、
①計算期間の途中で出国していること
②給与の計算期間が1カ月以内
という二つの要件を満たせば、国内源泉所得に該当しないものとして源泉徴収する必要はないということになります。

5.海外出向後に賞与を支給した場合

上記4.のケースと類似ますが、4月に出国した社員に対して、賞与支給対象期間を同年の1月~6月とする賞与を7月に支給した場合にはどうなるのかです。

この場合は、支給される賞与総額のうち国内勤務期間に対応する部分については20.42%の税率で源泉徴収することが必要とされます。給与の計算期間途中で出国した場合と取扱いが異なるので注意が必要です。

考え方としては、賞与支給日には非居住者に該当するので、国内源泉所得のみが課税対象となるが(所得税法164条)、賞与は国内源泉所得に該当するので源泉徴収する必要があるということになります。

なお、勤務等が国内及び国外の双方にわたって行われた場合の国内源泉所得の計算は、原則として以下の算式で計算するとされています(所得税法基本通達161-28)

したがって、今回の前提で7月に支給される賞与が国内での勤務期間に対する部分のみ(3カ月分)であるのであれば全額が源泉徴収の対象となり、一方で海外勤務期間を含む6カ月を対象として賞与が支給されるのであれば半額が国内源泉所得として源泉徴収の対象となるということになります。

続きは次回とします。

日々成長

関連記事

  1. 社員食堂の食事代で経済的利益認定-契約方法等に要注意!

  2. 「学資金」の非課税範囲の拡大とは?-平成28年税制改正

  3. 通勤手当非課税限度額の上乗せ特例の廃止-平成23年改正

  4. 個人事業で使用する車両の事業利用割合が100%でない場合の譲渡所…

  5. 海外出向者に関わる税務(その3)

  6. 事業所得の損失と給与所得は損益通算できる?

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリー

ページ上部へ戻る