menu
閉じる
閉じる
閉じる
  1. 「一般被保険者」の定義解釈を誤り税理士に損害賠償請求
  2. 有給休暇を入社日に分割付与した場合の次年度分の付与日はいつ?
  3. 株主総会資料の電子提供は総会開催日の3週間前からとなる見込み
  4. 有償新株予約権の実務報告-68社中66社が経過的取扱いを採用
  5. 「取締役の個人別の報酬等の内容に係る決定の再一任」の見直し案
  6. 株主総会の基準日変更-今年は0社(全株懇調査)
  7. SMBC日興証券の元社員がインサイダー取引関与の疑いで逮捕
  8. 外国人従業員が配偶者が複数いると申告してきたらどうする?
  9. 日本取引所のCEOが内規に違反し投資-このタイミングで公表は果たして・…
  10. 年末調整後に配偶者の合計所得見積額が違っていたと従業員が申告してきたら…
閉じる

出る杭はもっと出ろ!

復興特別所得税の区分処理方法(その1)

今回は、復興特別所得税の区分処理について確認します。

法人が源泉徴収された復興特別所得税については、復興特別法人税のみから控除することができるとされていますので、税額控除を選択する場合には、源泉徴収された所得税等に含まれる復興特別所得税の金額を区分する必要があります。

1.源泉徴収額からの区分方法

復興特別所得税の区分方法については、国税庁の「平成24年版 法人税申告書の記載の手引」の別表六(一) 所得税額の控除に関する明細書で以下のよう示されています。

  1. 源泉徴収額に2.1/102.1を乗じて復興特別所得税の額を算出する。
  2. 源泉徴収額から上記で計算された復興特別所得税の金額を控除した残額を所得税額とする。

最初に復興特別所得税の額を算出するというのがポイントの一つです。

2.端数処理

復興特別所得税の額を算出する際の端数処理にも注意が必要です。復興特別所得税の端数処理については、50銭以下切り捨て・50円超切上げとされています。

所得税および住民税については、納税者有利の原則から小数点以下の端数は切り捨てとなっています。
話を単純化するため、復興特別所得税が課税される前の状況で、普通預金の受取利息が200円入金された場合に源泉徴収されている所得税及び住民税がいくらか?を考えることにします。

所得税15%・住民税5%が源泉徴収されているので、単純に計算すると、源泉徴収前の受取利息の額面は100÷80%=250円と計算されますが、源泉徴収前の受取利息の金額は125円ではありません。

源泉徴収された所得税と住民税の金額を計算してみると以下のようになります。
所得税=200÷80%×15%=37.5円→37円(端数切捨て)
住民税=200÷80%×5%=12.5円→12円(端数切捨て)

よって、源泉前の受取利息の金額は、手取り200円+所得税37円+住民税12円=249円と計算されます。たった1円ではありますが、手取り額を(1-源泉合計税率)で割り返した金額とは結果が異なります。

話が逸れましたが、上記のように円未満の端数処理については切り捨てが一般的だと思いますが、復興特別所得税の場合は50銭以下切り捨て・50円超切上げという特徴があります。

それでは、復興特別所得税課税後の受取利息の手取り金額が200円だった場合の受取利息の額面はいくらになるのかを計算してみます。

この場合源泉徴収されているのは、以下の三つの税金ということになります。
①所得税 15%
②復興特別所得税0.315%(=15%×2.1%)
③住民税 5%

この場合、手取り額200円を0.79685で割りかえした理論上の額面をベースに各税金の金額を計算することになります。

①所得税・・・200÷0.79685×15%=37.648…→37円(端数切捨て)
②復興特別所得税・・・200÷0.79685×0.315%=0.790…→1円(50円超切上げ)
③住民税・・・200÷0.79685×5%=12.549…→12円(端数切捨て)

よって、源泉前の受取利息の金額は、手取り額200円+所得税37円+復興特別所得税1円+住民税12円=250円と計算されます。

額面250円として、検算してみると、
①所得税・・・250円×15%=37.5円(端数切捨て)→37円
②復興特別所得税・・・250円×0.315%=0.7875円(50銭超切り上げ)→1円
③住民税・・・250円×5%=12.5円(端数切捨て)→12円
なので、源泉後の金額は250円-37円-1円-12円=200円となることが確認できます。

なお、源泉前の金額が数円プラスマイナスに動いても、源泉徴収される金額は変わりませんが、手取り金額が200円になるのは額面250円の場合のみとなります。

では、このような煩雑な端数処理をどの単位で行う必要があるのかですが、この点については次回にします。

日々成長

関連記事

  1. 個人事業で使用する車両の事業利用割合が100%でない場合の譲渡所…

  2. 退職者を被保険者とする支払保険料を損金算入可とした裁決

  3. 非上場株式の評価損の損金算入要件と会計上の減損

  4. 年末調整に関連する改正点確認

  5. 資本剰余金を原資とする配当は税務上の取扱いにも注意

  6. 所得税の重加算税が課せられるのはどんな時?

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリー

ページ上部へ戻る