menu
閉じる
閉じる
閉じる
  1. ビットコインの利益は「雑所得」-国税庁タックスアンサー
  2. 公募増資を巡るインサイダー取引の裁判で国側が高裁でも敗訴
  3. DCF法で第三者割当しても、簿価純資産でIPO直前期に自己株取得してい…
  4. 1歳6か月に達する日はいつのこと?-改正育児・介護休業法施行前に再確認…
  5. 日本郵政の有価証券報告書であらためて気づくこと-内部監査に問題あり?
  6. 独立社外取締役の2名以上選任が約85%に
  7. 東証一部上場承認翌日に開示したベステラの2Q決算が・・・?
  8. 定性情報すべて省略が7%(四半期決算短信)
  9. 四半期開示はなくなるか?
  10. 不適正意見・意見不表明と上場廃止基準の関係
閉じる

出る杭はもっと出ろ!

期限切れになったモラトリアム法利用後の3月倒産発生件数は42件-帝国データ調べ

2013年4月8日に帝国データバンクが公表したレポートによると、3月末で期限切れとなった中小企業金融円滑化法利用後の2013年3月の倒産件数は42件でした。

2010年7月以降の発生件数の推移は以下のようになっています。

帝国データバンクのレポートでは、貸付条件変更等の金融支援を受けながらも倒産に至った件数が累計で728社となっているものの、「企業倒産件数が 4 年連続で前年度比減少となっていることに鑑みると、金融円滑化法は倒産抑制に寄与したと言えよう。」と評価しています。一方で、「経営課題を解決できない中小企業が多いのであれば、「金融円滑化法利用後倒産」は今後も増加すると見ざるを得ない。」とも述べられています。

そんな中、本日(2013年4月17日)、大型倒産情報に日本ウェブ印刷株式会社(総合印刷・大阪市)が民事再生法の適用を申請したと掲載されました。同社も金融円滑化法利用後の倒産で、負債総額は88億3000万円とのことです。

日経新聞によれば、日銀の金融緩和によって業績が向上するとの回答が66%もあったようです。「経営課題」が解決されて業績が向上するのか、景気がよくなってなんとなく業績が回復するのかは定かではありませんが、それが正しければ中小企業金融円滑化法利用後の倒産件数は縮小していくはずです。

4月以降も帝国データバンクが中小企業金融円滑化法利用後の倒産という括りでデータを公表するかはわかりませんが、一つの指標として継続してみていこうと思います。

日々成長

関連記事

  1. インサイダー取引規制の改正-2015年9月16日施行

  2. 太陽光発電電力の売却と消費税

  3. ベネッセから「重要なお知らせです」が届いた件

  4. 所得税の世帯課税は女性の活用を妨げるのか?

  5. 改正会社法の社外要件厳格化で社外資格を失う役員が相当数いるようで…

  6. 2014年4月1日以降分の保守売上にかかる消費税への対応動向

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリー

ページ上部へ戻る