menu
閉じる
閉じる
閉じる
  1. CGコード説明率が高いのは補充原則1-2④
  2. 有償新株予約権の会計処理の原案が明らかに
  3. 外貨建満期保有目的債券の期末換算処理
  4. 二社以上の取締役を兼務する場合の社会保険の取扱い
  5. 「会計税務委託料を必要経費と認めず」が昨年一番読まれた記事だったそうで…
  6. IFRS適用の国内子会社も実務対応報告18号の対象に
  7. 役員規程で取締役の辞任を制限できるか?
  8. 監査報告書原本の写しが添付されるようになると面白いかも
  9. 監査報告書にサインする会計士の数に意味はある?
  10. 平成29年度税制改正で連結納税採用は加速する?
閉じる

出る杭はもっと出ろ!

給付算定式基準を選択する会社の相当数あるようです-産業経理協会アンケート結果

前回の”有価証券報告書の作成・提出に際しての留意事項(平成25年3月期版)の公表”で書いたように、今3月決算において、「退職給付に関する会計基準」を早期適用しない場合、「未適用の会計基準等に関する注記」を記載する必要があります。

「退職給付に関する会計基準」では”「退職給付に関する会計基準(企業会計基準第26号)」の公表(その2)”で書いたように退職給付債務の計算方法として期間定額基準と給付算定式基準の選択適用が認められています。

従来ベースであれば期間定額基準を選択することになりますが、一方でIFRSでは給付算定式基準が採用されているので、どちらの計算方法を採用するのが主流になるのかについては興味があるところろです。

この点に関連して、T&A master(No.494)の”退職給付見込み額の計算方法は未定とする企業が多いが・・・”という記事で、産業経理協会が3月22日に公表した「2012年退職給付に関するアンケート調査研究」の内容が取り上げられていました。

この記事では以下のように述べられています。

退職給付見込額の計算方法の見直しについては「未決定」と回答する企業が74社と最も多かった(対象は同協会の会員企業469社で、このうち143社から回答を得たもの(回収率30.5%)。現行の「期間定額基準」を採用すると回答した企業は26社、国際会計基準で導入されている「給付算定式基準」を採用すると回答した企業は28社もあった。ただ、新会計基準への対応はこれからであり、傾向としては現行の「期間定額基準」を採用する企業が多くなりそうだ。

最終的には期間定額基準を採用する企業が多くなると予測しているものの、意思決定が完了している企業の半数以上は「給付算定式基準」を採用するとしていること、および3月26日に開催された企業会計審議会で経団連がIFRSの任意適用を考えている企業が約60社になることを明らかにしていることなどを考慮すると、「給付算定式基準」を選択する企業も決して少なくないと考えられます。

日々成長

関連記事

  1. 「退職給付に関する会計基準」は割引率の改正が影響大?

  2. 改正退職給付基準対応-計算が間に合わないリスクも

  3. 新退職給付会計基準の重要性基準の取扱いにASBJから新たな見解が…

  4. 改正退職給付会計基準、割引率は単一加重平均が約9割

  5. 会社計算規則の一部改正-退職給付に関する会計基準に対応

  6. 「退職給付に関する会計基準(企業会計基準第26号)」の公表(その…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリー

ページ上部へ戻る