menu
閉じる
閉じる
閉じる
  1. 上場会社が臨時株主総会を開いてまで監査等委員会設置会社に移行いたい理由…
  2. 3月決算のGC注記社数が減少傾向
  3. Word2016の翻訳機能は使える?
  4. インボイス制度の消費税端数処理はインボイス単位でしか認められない
  5. 「M&A、費用計上の義務化検討 国際会計基準」-日経新聞より
  6. 18年3月期は定額法から定率法に減価償却方法を変更した会社が1社
  7. ハラスメント関連で実施されている諸施策は?
  8. IASBがのれん減損テストの緩和措置を検討するそうです
  9. 株式譲渡契約時の未払租税債務について売主に賠償命じる判決
  10. 攻めのIT経営銘柄が攻めすぎた件
閉じる

出る杭はもっと出ろ!

平成25年3月期有価証券証券報告書の留意点(その3)-財務情報

今回は、「有価証券報告書作成上の留意点 平成25年3月期提出用」(経営財務3113号)に記載されていた内容を参考に、短信作成段階で既に考慮済みだとは思いますが、財務情報の留意点について確認します。

上記の記事で取り上げられていた内容は、以下の二つです。

  1. 税制改正に伴う減価償却方法の変更
  2. 「連結財務諸表に関する会計基準」等を早期適用した場合

1.税制改正に伴う減価償却方法の変更

税制改正に伴う減価償却方法の変更内容については、いまさら書くまでもないと思いますので割愛しますが、税制改正にともない減価償却方法を変更した場合の注記例として以下が示されていました。

(会計上の見積りの変更と区別することが困難な会計方針の変更)
当社及び国内連結子会社は,法人税法の改正に伴い,当連結会計年度より,平成24年4月1日以後に取得した有形固定資産については,改正後の法人税法に基づく減価償却の方法に変更している。
これにより,従来の方法と比べて,当連結会計年度の営業利益,経常利益及び税金等調整前当期純利益はそれぞれXX百万円増加している。

細かい点ではありますが、発表された各社の短信をみてみると、タイトル部分は「(会計上の見積りの変更と区別することが困難な会計方針の変更)」ではなく「(減価償却方法の変更)」となっているケースも多く見受けられます。

プロネクサスの記載例でも、参考事例として「(減価償却方法の変更)」というタイトルが用いられているので大きな問題ではないと思いますが、ASBJの開示室グループ長が示している例ですし、会計方針の変更でありながら遡及修正を行わないものであるという点を明示するという点からも「(会計上の見積りの変更と区別することが困難な会計方針の変更)」というタイトルを使用する方が無難ではないかと思います。

2.「連結財務諸表に関する会計基準」等を早期適用した場合

これは、従来、開示対象特別目的会社として注記していた特別目的会社を、連結財務諸表に関する会計基準を早期適用して連結の範囲に含めた場合の処理についてです。

ほとんどの会社では関係ない内容だと思いますので、詳細は割愛しますが、「新たに連結の範囲に含めた子会社の連結財務諸表上の評価については、帳簿価額で行うか時価で行うかで、会計方針ンの変更等の記載が異なるので、留意されたい。」と点のみ紹介しておきます。

日々成長

関連記事

  1. 滞留在庫に対する引当と低価法の関係

  2. 平成28年6月第1四半期決算の留意点

  3. 同一グループの監査意見不表明は他の会社に波及せず

  4. 単体開示の簡素化(その1)-平成26年3月期より

  5. 株主総会前の有価証券報告書提出

  6. 東証の上場基準が緩和されたそうですが・・・

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリー

ページ上部へ戻る