menu
閉じる
閉じる
閉じる
  1. 多数回かつ頻繁に馬券を購入しているも的中率低く雑所得と認められず
  2. 消費税率改正施行日をまたぐ役務提供の前受金等に適用される消費税率
  3. 税制適格ストック・オプションの拡充はベンチャーに限定されないようです
  4. 平成30年度税制改正でこんな罰則が強化されていたとは・・・
  5. CGSガイドラインの改訂-後継者計画等
  6. 有償新株予約権-実務対応報告適用開始後も15社が発行
  7. インボイス制度における端数処理は何故領収単位か?
  8. 長期のインセンティブが弱いRS等に多くの反対票
  9. 監査法人に対する勧告の公表差し止め請求認めず-東京高裁
  10. 一体開示で表示方法を変更した場合の記載事例
閉じる

出る杭はもっと出ろ!

改正退職給付会計基準に関するアンケート結果

経営財務の3114号(2013年5月20日号)に、同誌が実施した改正退職給付会計基準アンケート結果が掲載されていました。

合計で11問の質問と回答結果が集計されていましたが、個人的に気になったものと二つ紹介します。

1.退職給付債務の計算における期間帰属方法について

これは、「退職給付債務の計算における期間帰属方法について決定されていますか?」という質問に対する回答結果を集計したもので、主な回答結果は以下の通りです。
・給付算定式基準 26(27.66%)
・期間定額基準 8(8.51%)
・検討中 53(56.38%)

検討中の会社が過半数を占めているものの、「給付算定式基準」を採用しようとする会社が期間定額基準の3倍を上回る回答結果となっている点は、未だ検討中の会社にとっても参考になりそうです。

2.退職給付債務の計算における割引率の決定方法について

これは、改正後の基準では退職給付支払ごとの支払見込期間を反映する割引率を用いなければならないとされている点について、どの割引率を使用するかという趣旨の質問に対する回答結果を集計したもので、主な回答結果は以下の通りです。
・複数の割引率を使用予定 5(5.32%)
・単一の加重平均割引率を使用予定 29(30.85%)
・検討中 52(55.32%)

こちらも検討中の会社が過半数を占めているものの、「退職給付の支給見込期間及び支給見込期間ごとの金額を反映した単一の加重平均割引率を使用する方法」を採用するのが主流となりそうです。

割引率の影響については、約1年前に”「退職給付に関する会計基準」は割引率の改正が影響大?”というエントリで書きましたので、興味がある方はそちらをご覧ください。

日々成長

関連記事

  1. 改正退職給付会計基準-9割強が給付算定を選択

  2. 退職給付債務の計算方法を簡便法から原則法へ変更した場合の処理(そ…

  3. マイナス金利下の退職給付債務の割引率は3月以降も延長されるようで…

  4. この会社の退職給付債務が1兆円超!!

  5. IAS19(退職給付)の改定―遅延認識の廃止等

  6. 実務対応報告第37号「務対応報告第34号の適用時期に関する当面の…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリー

ページ上部へ戻る