menu
閉じる
閉じる
閉じる
  1. 株式の無償発行を会社法上可能とする方向で検討
  2. 収益認識基準により消費税税込み方式は採用不可へ
  3. UKCホールディングスが連結子会社の会計処理誤りの影響を公表
  4. 最高裁、勤務医の残業代は高額年俸に含まれないと判断
  5. タカタ株が5連騰でストップ高-なぜ?
  6. 2018年3月期第1四半期報告書作成上の留意点
  7. 資本金1円の上場企業が急増?
  8. 監査人交代時の開示の充実化を検討
  9. SMCの「北米疑惑」?
  10. 採用内定後のインターンシップで能力不足が判明した場合、内定は取り消せる…
閉じる

出る杭はもっと出ろ!

改正退職給付会計基準に関するアンケート結果

経営財務の3114号(2013年5月20日号)に、同誌が実施した改正退職給付会計基準アンケート結果が掲載されていました。

合計で11問の質問と回答結果が集計されていましたが、個人的に気になったものと二つ紹介します。

1.退職給付債務の計算における期間帰属方法について

これは、「退職給付債務の計算における期間帰属方法について決定されていますか?」という質問に対する回答結果を集計したもので、主な回答結果は以下の通りです。
・給付算定式基準 26(27.66%)
・期間定額基準 8(8.51%)
・検討中 53(56.38%)

検討中の会社が過半数を占めているものの、「給付算定式基準」を採用しようとする会社が期間定額基準の3倍を上回る回答結果となっている点は、未だ検討中の会社にとっても参考になりそうです。

2.退職給付債務の計算における割引率の決定方法について

これは、改正後の基準では退職給付支払ごとの支払見込期間を反映する割引率を用いなければならないとされている点について、どの割引率を使用するかという趣旨の質問に対する回答結果を集計したもので、主な回答結果は以下の通りです。
・複数の割引率を使用予定 5(5.32%)
・単一の加重平均割引率を使用予定 29(30.85%)
・検討中 52(55.32%)

こちらも検討中の会社が過半数を占めているものの、「退職給付の支給見込期間及び支給見込期間ごとの金額を反映した単一の加重平均割引率を使用する方法」を採用するのが主流となりそうです。

割引率の影響については、約1年前に”「退職給付に関する会計基準」は割引率の改正が影響大?”というエントリで書きましたので、興味がある方はそちらをご覧ください。

日々成長

関連記事

  1. 簡便法で退職給付引当金を計上している会社が制度の一部を確定拠出年…

  2. 有価証券報告書作成の留意点(平成27年3月期)-その2

  3. 有価証券報告書作成の留意点(平成27年3月期)-その1

  4. 「退職給付に関する会計基準(企業会計基準第26号)」の公表(その…

  5. 改正退職給付会計基準、割引率は単一加重平均が約9割

  6. ベースアップと改正退職給付会計基準における退職給付債務の計算の関…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリー

ページ上部へ戻る