menu
閉じる
閉じる
閉じる
  1. 株式の無償発行を会社法上可能とする方向で検討
  2. 収益認識基準により消費税税込み方式は採用不可へ
  3. UKCホールディングスが連結子会社の会計処理誤りの影響を公表
  4. 最高裁、勤務医の残業代は高額年俸に含まれないと判断
  5. タカタ株が5連騰でストップ高-なぜ?
  6. 2018年3月期第1四半期報告書作成上の留意点
  7. 資本金1円の上場企業が急増?
  8. 監査人交代時の開示の充実化を検討
  9. SMCの「北米疑惑」?
  10. 採用内定後のインターンシップで能力不足が判明した場合、内定は取り消せる…
閉じる

出る杭はもっと出ろ!

ANAカードを上回る還元率って?-漢方スタイルクラブカード

ANAのマイルをクレジットカードで貯めるには、100円で1マイルたまるANAカードが最も効率のよいクレジットカードだと思っていましてが、これを上回る還元率のクレジットカードがあります。

その名も、漢方スタイルクラブカードです。カードのラインアップとしてはJACCS VISAとJACCS JCBの二種類になっています。

何故、漢方でANAマイル?という感じですが、このカードがすごいのは、

  1. ANAのマイル還元率が1.05%。つまりANAカードですら1%(100円で1マイル)のところ、このカードは100円で1.05マイルがたまるということになります。
  2. 年会費は初年度無料、2年目以降は1,575円と、ANAカードの一般カード2,100円より安い。
  3. 家族会員の年会費も420円と、ANA一般カードの1,050円の半額以下。
  4. しかも、ANAマイルの移行手数料が無料。ANA一般カードの場合、VISAは年間6,300円、JCBは2,100円がかかります(10マイルコースの場合)。
  5. さらに、カードの付帯保険も以下のように充実しています。
  6. ① 海外旅行傷害保険(自動付帯)
         傷害死亡・後遺障害 最高  2,000万円
         傷害・疾病治療費用 最高  200万円
         賠償責任 最高  2,000万円
         携行品損害 最高  20万円
         救援者費用  最高  200万円

    ② 国内旅行傷害保険(利用付帯)
         傷害死亡・後遺障害 最高  1,000万円
         入院費用 日額  5,000円
         手術費用 最高  20万円
         通院費用 日額  3,000円

    ちなみに、ANA一般カードの場合は、以下のようになっています。

    海外旅行傷害保険:1,000万円
    国内航空傷害保険:1,000万円
    国内旅行傷害保険:なし

    ANAカードと比較してデメリットをあげるとすれば、このカードのポイントは2,000円で7 point(1point=ANA7マイル)とポイントの付与単位が大きい事(ANAカードは1000円単位)と、搭乗ボーナスおよびカード更新時のボーナスマイルがないことくらいでしょうか。

    ここまで、やって大丈夫なのかとかえって不安になってしまうくらいの内容です。ANAカードの奮起も期待したいところです。

    ANAマイルを貯めるための他のクレジットカード候補については、クレジットカードdeマイル.comで紹介されています。楽天カードもたしかにありかも・・・

    日々成長

関連記事

  1. 2011年も折り返し地点

  2. 仕事始め

  3. 通販で購入したコンタクトの保管期限が過ぎてしまったら・・・

  4. Dysonのハンディ掃除機 DC16をリフレッシュしたいが・・・…

  5. アメックスのスカイトレベラーってどうなんだろう

  6. 自分と似た思考の持ち主っているんですね-同じタイトルでエントリが…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリー

ページ上部へ戻る