menu
閉じる
閉じる
閉じる
  1. 減損検討に用いられる税前割引率はどうやって計算?
  2. 不適正開示の発生傾向
  3. 税務当局による情報提供要請権限が拡充へ
  4. 「一般被保険者」の定義解釈を誤り税理士に損害賠償請求
  5. 有給休暇を入社日に分割付与した場合の次年度分の付与日はいつ?
  6. 株主総会資料の電子提供は総会開催日の3週間前からとなる見込み
  7. 有償新株予約権の実務報告-68社中66社が経過的取扱いを採用
  8. 「取締役の個人別の報酬等の内容に係る決定の再一任」の見直し案
  9. 株主総会の基準日変更-今年は0社(全株懇調査)
  10. SMBC日興証券の元社員がインサイダー取引関与の疑いで逮捕
閉じる

出る杭はもっと出ろ!

バイオメディックスワンデーエキストラもまずまず合格点のレンズでした

このブログでも何回かとりあげていますが、私はクーパービジョン社のプロクリアワンデーという使い捨てコンタクトレンズを愛用しています。

日本ではワンデー アクエア プロシーという商品名で販売されているもので、様々なレンズを試した結果、目の渇きがほとんど感じられないという点で2年以上愛用しています。ただし、国内で購入すると1箱3000円位してしまうので、海外から通販で購入し、たまに眼科で検診だけ受けるようにしています。

ジョンソン&ジョンソンのワンデーアキュビュートゥルーアイも1週間程度試した感じではいいレンズだと思いましたが、思いのほか値段が下がってこないのでProclear® 1Dayを使い続けています。

とはいえ、円安傾向にあり、そのうちProclear® 1Dayも値上がるかもしれないと思うと、プロクリアワンデーよりも安いバイオメディックスワンデーエキストラも試してみようかということで、初めてバイオメディックスワンデーエキストラを注文してみることにしました。

バイオメディックスワンデーエキストラは、日本でワンデー アクエア エボリューションあるいはワンデー アクエア エボリューションという商品名で販売されているものと同じ商品のようです。両者のレンズをモニターアンケートで比較した結果は以下のとおりです。
hikaku

私が購入に利用しているLENSMODEでは1箱1,580円(送料込で1,880円)です。

プロクリアワンデーが通常1,780円(送料込で2,080円)なので、1箱あたり200円安くなっています。数日試した関そうとしては、バイオメディックスワンデーエキストラも悪くはないですが、この価格差であればプロクリアワンデーを選択したほうがよいというのが今の感想です。

プロクリアワンデーの価格が今後も現状維持されることを願います。なお、ここで紹介しているLENSMODEは購入すると商品がシンガポールから配送されますが、過去の経験からすると首都圏在住であれば注文から3日~4日で商品が届きます。

日々成長

関連記事

  1. コンタクト通販配送料無料は大きい-プロクリアワンデーの通販

  2. ワンデープロシーが連休中は少し安いです

  3. 通販で購入したコンタクトの保管期限が過ぎてしまったら・・・

  4. ABCレンズを利用してみました

  5. メニコンが1日使い捨てコンタクトに参入-パッケージは斬新ですが・…

  6. クーパービジョンのコンタクトレンズ比較特集―LENSMODE

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリー

ページ上部へ戻る