menu
閉じる
閉じる
閉じる
  1. CGコード説明率が高いのは補充原則1-2④
  2. 有償新株予約権の会計処理の原案が明らかに
  3. 外貨建満期保有目的債券の期末換算処理
  4. 二社以上の取締役を兼務する場合の社会保険の取扱い
  5. 「会計税務委託料を必要経費と認めず」が昨年一番読まれた記事だったそうで…
  6. IFRS適用の国内子会社も実務対応報告18号の対象に
  7. 役員規程で取締役の辞任を制限できるか?
  8. 監査報告書原本の写しが添付されるようになると面白いかも
  9. 監査報告書にサインする会計士の数に意味はある?
  10. 平成29年度税制改正で連結納税採用は加速する?
閉じる

出る杭はもっと出ろ!

消費者庁、育休取得で上司同僚も評価アップの新制度・・・

消費者庁で育児のために短期間の休みを取った職員と、仕事を分担した同僚や上司の人事評価を共に上げる新たな制度を導入したことが2013年6月11日に明らかとなりました。

育休取得で評価アップという制度は今年4月から既にスタートしていますが、育児休暇を取得した職員だけが対象とされていたため「取得した人だけがいい思いをするのはおかしい」「かえって周囲に遠慮して取りにくくなる」との声が出たため、5月からは同僚と上司にも対象を拡大したとのことです。

よほど人員に余裕がない限り、一人が休めば同僚の負担が重くなるので、育休を取得した人よりもそれをフォローした人を評価すべきという制度設計自体は理解できますが、そもそも公務員でこの制度自体どうなのだろうか・・・

率先してこのような制度を導入して、民間企業で同様の制度の採用を促す意図があることはわかります。しかしながら、世間の風当たりは強くなっているとはいえ、リストラや倒産ということを気にする必要がない公務員で「休んだら評価アップ」はやはり納得できない人もいるのではないかと思います。

公務員が育休を取得すること自体に対して異を唱える人はほとんどいないはずです。しかしながら、休んだことで評価アップ⇒給料アップ⇒使用される税金増加ということになると、それはおかしいだろう!というように感じます。

給料が増えるのであれば育休の取得が促進されると思いますが、民間企業の感覚としては採用するのが困難な仕組みだと思います。民間に対して率先して制度のありかたを示すということであれば、金に訴えかけない制度の在り方を模索すべきではないでしょうか。

有給取得率の低さが問題となっている場合に、有給を取得したほど評価が上がって給料が上がる仕組みを導入するという提案をする民間企業は皆無なはずです。

なんだかんだ言われても公務員はやはりいいなーというイメージを与えただけの制度ではないかと思います。

日々成長

関連記事

  1. 19912652_xl

    ストレスチェック義務化法案が成立しました-2014年6月19日

  2. 年齢の計算方法

  3. 25085097_xl

    労使協定によって延長できる時間の限度は?

  4. 前後の休職の通算と就業規則

  5. 3年以内既卒者(新卒扱い)採用拡大奨励金・3年以内既卒者トライア…

  6. 労働者派遣法の改正に伴う派遣制限期間の見直し(その1)

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリー

ページ上部へ戻る