menu
閉じる
閉じる
閉じる
  1. 配当金は持参債務-株主が海外に居住している場合はどうする?
  2. 2016年3月期東芝の監査報酬は53億円-FACTA2017年4月号
  3. 仮想通貨(ビットコイン等)が消費税の非課税対象に
  4. 「法人税。住民税及び事業税等に関する会計基準」が公表されました。
  5. 株主総会で従業員株主が複数質問するも総会決議に著しい不公正がないと判断…
  6. セルフメディケーションの添付書類の見直し
  7. 不正アクセスでクレジットカード番号等の情報が流出した可能性を開示-GM…
  8. 取締役会の専決事項とされる「多額の借財」の「多額」はどのレベル?
  9. エフオーアイの粉飾決算で主幹事証券に賠償責任が認められた判決ー東京地裁…
  10. どうなるSOX?
閉じる

出る杭はもっと出ろ!

監査契約締結も2013年9月末までが少しお得らしい

経営財務3119号(2013年6月24日)号に”消費税率の経過措置、25年9月末までに締結した監査契約には旧税率適用”という記事が掲載されていました。

日本公認会計士協会(JICPA)が、国税庁課税部消費税室に確認した結果、監査契約は「請負その他これに類する契約」に該当するので監査報告書の交付が26年4月以降となっても、25年9月末までに締結した監査契約であれば旧税率が適用されるとのことです。

監査意見不表明という選択肢がある業務が「請負その他これに類する契約」に該当するのかという気もしますが、監査意見不表明であっても「監査報告書の作成・交付という目的物の引渡しがある」ため経過措置の適用対象となるとのことです。

なお、監査時間が想定以上にかかったことなどにより、指定日以後に当該契約に係る対価の額が増額された場合、増額部分については新税率が適用されることになるという取扱いも通常の請負の場合と同様となっています。

また、「四半期レビュー等を含む監査契約については、四半期レビュー等に係る報酬等を区分せず、監査と一体として契約している場合にのみ旧税率を適用する。」ことになるそうです。

消費税について個別対応方式を採用している場合であっても、監査報酬は通常”共通仕入分”に該当することになると思いますので、監査契約をするのであれば2013年9月末までの契約締結が若干お得ということになりそうです。

ちなみに、消費税の引き上げに関連してJICPAから「監査契約における消費税率に関する経過措置の適用について」が公表されていますので、興味のある方は確認してみるとよいと思います。

日々成長

関連記事

  1. 消費税(その9)-個別対応方式勘定別留意点3

  2. 保養所や社宅は「賃貸等不動産」の範囲に含まれるか?

  3. フリーレントを按分計上している場合に適用される消費税率に要注意

  4. 「退職給付に関する会計基準(企業会計基準第26号)」の公表(その…

  5. 新たに東証一部45社が決算日を統一-経営財務3103号

  6. 保守サービスの消費税を追加請求する旨の案内を初めて受け取りました…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリー

ページ上部へ戻る