menu
閉じる
閉じる
閉じる
  1. 四半期報告書作成の留意点(平成30年6月-第1四半期)(その2)
  2. 四半期報告書作成の留意点(平成30年6月-第1四半期)(その1)
  3. 2018年上期IPOは40件(PRO除くと36件)
  4. 商品券は非行使部分の取扱いに注意-収益認識会計基準
  5. キャンセル料100%ならキャンセルすると損なのか?
  6. 米国子会社に全部合算課税のリスクが問題となっているようです
  7. フレックスタイム制の清算期間の上限が3ヶ月に延長(19年4月より)
  8. 平成31年4月以降終了事業年度分の「勘定科目内訳明細書」が公表されまし…
  9. 18年4月以降に発行された報酬ではない有償ストック・オプションとは?
  10. マイナンバー、提供されなかった個別事情まで記録は不要
閉じる

出る杭はもっと出ろ!

税務当局がマークする電子商取引とは?

T&A master No.504に”当局がマークする電子商取引が判明”という記事が掲載されていました。

同記事によると、税務当局がマークしているものとして以下のものが挙げられていました。

  • ネットオークション
  • ネットショップ
  • コンテンツ配信
  • 海外オークション
  • ライブチャット
  • 出会い系サイト
  • インフォプレナー(情報企業家)いよる情報商材販売
  • クレジット決済代行
  • クレジットカードショッピング枠現金化事業

  • ネットショップが入っている時点で、特定の分野というよりも電子商取引全般という気もしますが、インターネット取引に係る実地調査の結果発見された申告漏れ所得金額は、実地調査全体平均の約1.3倍(1,134万円)だったとのことで、税務当局が力を入れるのも理解できます。

    同記事によると、税務当局の分析によると出会い系サイトの仕組み・現状は以下のように分析されているとのことです。

    1. 出会えないのが出会い系サイトの成功の秘訣
    2. クレサラ弁護士が消費者金融の次に出会い系サイトに狙いを定めている
    3. 多くの番組運営者が和解金を支払っている
    4. スマートフォン出会いアプリに顧客をとられている

    また、インフォプレナー(情報企業家)による情報商材取引については、賞味期限が短く、アフィリエイト報酬が高額などの特徴があると分析されているそうです。

    上記は、だからどうした?という感じがしますが、今後電子商取引の運営者等への調査が強化されていくという可能性は高そうです。

    日々成長

    関連記事

    1. 法人税申告書勘定科目内訳明細書の作り方(その5)-支払手形・買掛…

    2. 社員旅行費用の税務上の取扱い

    3. 自宅兼事務所の家賃が必要経費として認められない!

    4. 東京都外形標準課税税率の公布は7月になるようです

    5. 2016年6月に日台租税条約が発効していました-繰延税金負債の計…

    6. 外国上場株式の減損の損金算入要件

    コメント

    1. この記事へのコメントはありません。

    1. この記事へのトラックバックはありません。

    カテゴリー

    ページ上部へ戻る