menu
閉じる
閉じる
閉じる
  1. 税制適格ストック・オプションの拡充はベンチャーに限定されないようです
  2. 平成30年度税制改正でこんな罰則が強化されていたとは・・・
  3. CGSガイドラインの改訂-後継者計画等
  4. 有償新株予約権-実務対応報告適用開始後も15社が発行
  5. インボイス制度における端数処理は何故領収単位か?
  6. 長期のインセンティブが弱いRS等に多くの反対票
  7. 監査法人に対する勧告の公表差し止め請求認めず-東京高裁
  8. 一体開示で表示方法を変更した場合の記載事例
  9. 収益認識の代替的取扱いで再検討される項目がある?
  10. マンション販売に関する仕入税額控除否認に対し、エーディーワークスが審査…
閉じる

出る杭はもっと出ろ!

税務当局がマークする電子商取引とは?

T&A master No.504に”当局がマークする電子商取引が判明”という記事が掲載されていました。

同記事によると、税務当局がマークしているものとして以下のものが挙げられていました。

  • ネットオークション
  • ネットショップ
  • コンテンツ配信
  • 海外オークション
  • ライブチャット
  • 出会い系サイト
  • インフォプレナー(情報企業家)いよる情報商材販売
  • クレジット決済代行
  • クレジットカードショッピング枠現金化事業

  • ネットショップが入っている時点で、特定の分野というよりも電子商取引全般という気もしますが、インターネット取引に係る実地調査の結果発見された申告漏れ所得金額は、実地調査全体平均の約1.3倍(1,134万円)だったとのことで、税務当局が力を入れるのも理解できます。

    同記事によると、税務当局の分析によると出会い系サイトの仕組み・現状は以下のように分析されているとのことです。

    1. 出会えないのが出会い系サイトの成功の秘訣
    2. クレサラ弁護士が消費者金融の次に出会い系サイトに狙いを定めている
    3. 多くの番組運営者が和解金を支払っている
    4. スマートフォン出会いアプリに顧客をとられている

    また、インフォプレナー(情報企業家)による情報商材取引については、賞味期限が短く、アフィリエイト報酬が高額などの特徴があると分析されているそうです。

    上記は、だからどうした?という感じがしますが、今後電子商取引の運営者等への調査が強化されていくという可能性は高そうです。

    日々成長

    関連記事

    1. 海外サイトからネット経由で商品を購入した場合の税金は?(その1)…

    2. 山梨県のぶどうの樹はやはり財産評価額も高くなるのか?

    3. D&O保険料会社負担可でも給与課税対象では・・・

    4. 外形標準課税(その4)-付加価値割(報酬給与額)

    5. 「申告漏れ」「所得隠し」「脱税」の違いは?

    6. 所得金額1億円超の人数は5年で60%増加

    コメント

    1. この記事へのコメントはありません。

    1. この記事へのトラックバックはありません。

    カテゴリー

    ページ上部へ戻る