menu
閉じる
閉じる
閉じる
  1. 平成29年3月期決算のポイント-会計(その2)
  2. 平成29年3月期決算のポイント-会計(その1)
  3. 2017年4月から手取額が同額の場合も定期同額給与扱いに-平成29年度…
  4. 配当金は持参債務-株主が海外に居住している場合はどうする?
  5. 2016年3月期東芝の監査報酬は53億円-FACTA2017年4月号
  6. 仮想通貨(ビットコイン等)が消費税の非課税対象に
  7. 「法人税。住民税及び事業税等に関する会計基準」が公表されました。
  8. 株主総会で従業員株主が複数質問するも総会決議に著しい不公正がないと判断…
  9. セルフメディケーションの添付書類の見直し
  10. 不正アクセスでクレジットカード番号等の情報が流出した可能性を開示-GM…
閉じる

出る杭はもっと出ろ!

金融円滑化法利用後倒産件数が2カ月連続で過去最高を更新-帝国データ調べ

帝国データバンクが2013年6月10日に公表した全国企業倒産集計2013年5月月報によると、金融円滑化法利用後倒産が60件と4月に続き過去最高を記録したそうです。

過去からの倒産発生件数の推移をまとめると以下のようになっています。
2013-06-14_1

この増加原因について、帝国データのレポートでは「金融機関は借手企業に対し返済猶予等の金融支援を継続しているとはい
え、5 月には返済猶予を受けていた企業が 4 月以降に借り換えを断られ資金繰りに行き詰まった例も確認されている。多くの地域金融機関では与信額等を基準とし重点支援先を決めて支援を実施しているなかで、重点支援先ではない企業への支援には温度差があるようだ。」と分析されています。

アベノミクスの株価上昇傾向も日銀の金融緩和前の水準までもどっており、本当の意味での景気回復にはほど遠い状況にあるということが浮き彫りになってきているということでしょうか。

金融円滑化法を利用していた潜在的倒産予備軍はかなり多数に及ぶと考えられますので、来月以降の状況に注意が必要なようです。

日々成長

関連記事

  1. 原発と夜間電力と電気自動車と。

  2. 日銀円売り介入実施

  3. 尖閣で世界の目、例によって冷淡-日経ビジネスオンラインより

  4. 切手の大量購入と換金も典型的な不正手段でありますが・・・

  5. facebookのページを簡単に作れるアプリ-neo appsu…

  6. 2011年経済危機?

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリー

ページ上部へ戻る