menu
閉じる
閉じる
閉じる
  1. 大規模法人の完全孫会社が中小企業特例の適用対象外に
  2. 空撮用ドローンの耐用年数は5年
  3. 企業等に所属する会計士の倫理規則等が改正されるそうです
  4. マザーズから東証1部に市場変更直後に東証2部への指定替え猶予期間に突入…
  5. 消費税10%経過措置Q&Aに追加されたQ&A(基本…
  6. 2018年IPO会社の監査報酬動向など
  7. SO税制拡充は限定的に-平成31年度税制改正
  8. 経営財務誌が選ぶ2018年5大ニュース
  9. 業績連動給与の要件緩和と厳格化
  10. 英国監査法人Big4でのパートナー解雇状況とは?
閉じる

出る杭はもっと出ろ!

2012年世界で一番売れた車種はフォードのFOCUS

Bloomberg BusinessweekのApril15-April21,2013号に”A global bestseller”という小さな記事が掲載されていました。

この記事によると、R.L Polk社の調査結果では2012年の販売台数はFord社のFocusが約102万台でトヨタのカローラ(約87万台)をおさえて世界で一番販売された車種になったとされています。

そして、Ford社の車が販売台数世界一の座を獲得するのは、フォードの創業者であるヘンリーフォードが販売したT型フォード(フォードモデルT)およびその後継車であるモデルA以来初めてのことだそうです。

経営学ではかならず登場するともいえるT型フォード以来初めての世界一というのは、かなり意外な感じがします。T型フォードの全盛期は1910代~1920年代のようなので、少なく見積もっても50年以上は世界一の販売車種を排出していなかったということになります。

この世界一売れたというFOCUSはどんな車なのか興味があったので、フォード社のHPをのぞいてみると、以下のような車であることがわかりました。
focus
focous2

価格は293万円と表示されています。価格からするとトヨタのカローラフィールダーよりも100万円近く高いということになります。車の大きさを比較すると、全長はほぼ同様ですが、幅は上記のFOCUSが181cmであるのに対して、カローラフィールダーは169.5cmと10cm程度大きくなっています。
幅が181cmと言われてもよくわからないかもしれませんが、トヨタのアルファードの幅が184cmですので、車の大きさでいえば相当大きいほうの部類に入る車です。したがって、そもそも、カローラと比較するような車ではないということなのかもしれません。ただし、関税の影響を加味してもこの価格帯が世界で一番売れるとも思えないので、カローラと同等のグレードもあるのであはないかと想像されます。

なお、この販売台数世界一については、派生モデルの集計方法を巡ってトヨタからクレームがついているという話もありますが、それにしてもこの車が売れているというのは事実にかわりはありません。

個人的には、これならレガシー買うけどな・・・

日々成長

関連記事

  1. 中小企業金融円滑化法終了カウントダウン-2013年2月利用後倒産…

  2. 2014年賃上げ見込み-定昇込みで2.1%もそれじゃ手取りはマイ…

  3. 日産自動車の配当利回りは4.62%

  4. 企業財務会計士とは?

  5. 何がユニクロを訴訟に踏み切らせたか?-「ユニクロ帝国の光と影」を…

  6. 中国経済のバブルは継続するか?(その2)

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリー

ページ上部へ戻る