menu
閉じる
閉じる
閉じる
  1. 多数回かつ頻繁に馬券を購入しているも的中率低く雑所得と認められず
  2. 消費税率改正施行日をまたぐ役務提供の前受金等に適用される消費税率
  3. 税制適格ストック・オプションの拡充はベンチャーに限定されないようです
  4. 平成30年度税制改正でこんな罰則が強化されていたとは・・・
  5. CGSガイドラインの改訂-後継者計画等
  6. 有償新株予約権-実務対応報告適用開始後も15社が発行
  7. インボイス制度における端数処理は何故領収単位か?
  8. 長期のインセンティブが弱いRS等に多くの反対票
  9. 監査法人に対する勧告の公表差し止め請求認めず-東京高裁
  10. 一体開示で表示方法を変更した場合の記載事例
閉じる

出る杭はもっと出ろ!

2012年世界で一番売れた車種はフォードのFOCUS

Bloomberg BusinessweekのApril15-April21,2013号に”A global bestseller”という小さな記事が掲載されていました。

この記事によると、R.L Polk社の調査結果では2012年の販売台数はFord社のFocusが約102万台でトヨタのカローラ(約87万台)をおさえて世界で一番販売された車種になったとされています。

そして、Ford社の車が販売台数世界一の座を獲得するのは、フォードの創業者であるヘンリーフォードが販売したT型フォード(フォードモデルT)およびその後継車であるモデルA以来初めてのことだそうです。

経営学ではかならず登場するともいえるT型フォード以来初めての世界一というのは、かなり意外な感じがします。T型フォードの全盛期は1910代~1920年代のようなので、少なく見積もっても50年以上は世界一の販売車種を排出していなかったということになります。

この世界一売れたというFOCUSはどんな車なのか興味があったので、フォード社のHPをのぞいてみると、以下のような車であることがわかりました。
focus
focous2

価格は293万円と表示されています。価格からするとトヨタのカローラフィールダーよりも100万円近く高いということになります。車の大きさを比較すると、全長はほぼ同様ですが、幅は上記のFOCUSが181cmであるのに対して、カローラフィールダーは169.5cmと10cm程度大きくなっています。
幅が181cmと言われてもよくわからないかもしれませんが、トヨタのアルファードの幅が184cmですので、車の大きさでいえば相当大きいほうの部類に入る車です。したがって、そもそも、カローラと比較するような車ではないということなのかもしれません。ただし、関税の影響を加味してもこの価格帯が世界で一番売れるとも思えないので、カローラと同等のグレードもあるのであはないかと想像されます。

なお、この販売台数世界一については、派生モデルの集計方法を巡ってトヨタからクレームがついているという話もありますが、それにしてもこの車が売れているというのは事実にかわりはありません。

個人的には、これならレガシー買うけどな・・・

日々成長

関連記事

  1. レベル7と東電株価

  2. タカタ株が5連騰でストップ高-なぜ?

  3. 天然ガスの可能性

  4. 大前研一氏による原発問題解説

  5. 尖閣で世界の目、例によって冷淡-日経ビジネスオンラインより

  6. 大学生数

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリー

ページ上部へ戻る