menu
閉じる
閉じる
閉じる
  1. 配当金は持参債務-株主が海外に居住している場合はどうする?
  2. 2016年3月期東芝の監査報酬は53億円-FACTA2017年4月号
  3. 仮想通貨(ビットコイン等)が消費税の非課税対象に
  4. 「法人税。住民税及び事業税等に関する会計基準」が公表されました。
  5. 株主総会で従業員株主が複数質問するも総会決議に著しい不公正がないと判断…
  6. セルフメディケーションの添付書類の見直し
  7. 不正アクセスでクレジットカード番号等の情報が流出した可能性を開示-GM…
  8. 取締役会の専決事項とされる「多額の借財」の「多額」はどのレベル?
  9. エフオーアイの粉飾決算で主幹事証券に賠償責任が認められた判決ー東京地裁…
  10. どうなるSOX?
閉じる

出る杭はもっと出ろ!

2012年世界で一番売れた車種はフォードのFOCUS

Bloomberg BusinessweekのApril15-April21,2013号に”A global bestseller”という小さな記事が掲載されていました。

この記事によると、R.L Polk社の調査結果では2012年の販売台数はFord社のFocusが約102万台でトヨタのカローラ(約87万台)をおさえて世界で一番販売された車種になったとされています。

そして、Ford社の車が販売台数世界一の座を獲得するのは、フォードの創業者であるヘンリーフォードが販売したT型フォード(フォードモデルT)およびその後継車であるモデルA以来初めてのことだそうです。

経営学ではかならず登場するともいえるT型フォード以来初めての世界一というのは、かなり意外な感じがします。T型フォードの全盛期は1910代~1920年代のようなので、少なく見積もっても50年以上は世界一の販売車種を排出していなかったということになります。

この世界一売れたというFOCUSはどんな車なのか興味があったので、フォード社のHPをのぞいてみると、以下のような車であることがわかりました。
focus
focous2

価格は293万円と表示されています。価格からするとトヨタのカローラフィールダーよりも100万円近く高いということになります。車の大きさを比較すると、全長はほぼ同様ですが、幅は上記のFOCUSが181cmであるのに対して、カローラフィールダーは169.5cmと10cm程度大きくなっています。
幅が181cmと言われてもよくわからないかもしれませんが、トヨタのアルファードの幅が184cmですので、車の大きさでいえば相当大きいほうの部類に入る車です。したがって、そもそも、カローラと比較するような車ではないということなのかもしれません。ただし、関税の影響を加味してもこの価格帯が世界で一番売れるとも思えないので、カローラと同等のグレードもあるのであはないかと想像されます。

なお、この販売台数世界一については、派生モデルの集計方法を巡ってトヨタからクレームがついているという話もありますが、それにしてもこの車が売れているというのは事実にかわりはありません。

個人的には、これならレガシー買うけどな・・・

日々成長

関連記事

  1. スターバックス再生物語

  2. 就職難で公認会計士受験者が激減が金融庁の誤算だそうですが・・・

  3. 日本株バブル?

  4. 日米同時上場のLINEーIPO時に異なる監査法人の監査報告書がつ…

  5. 中小企業金融円滑法の適用期限が再延長されました-「最後の」延長だ…

  6. 2013年12月の金融円滑化法利用後倒産は30件

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリー

ページ上部へ戻る