menu
閉じる
閉じる
閉じる
  1. 有償新株予約権の会計処理の原案が明らかに
  2. 外貨建満期保有目的債券の期末換算処理
  3. 二社以上の取締役を兼務する場合の社会保険の取扱い
  4. 「会計税務委託料を必要経費と認めず」が昨年一番読まれた記事だったそうで…
  5. IFRS適用の国内子会社も実務対応報告18号の対象に
  6. 役員規程で取締役の辞任を制限できるか?
  7. 監査報告書原本の写しが添付されるようになると面白いかも
  8. 監査報告書にサインする会計士の数に意味はある?
  9. 平成29年度税制改正で連結納税採用は加速する?
  10. 社外取締役の年間報酬平均額に大きな変動無し(労政時報2016年調査)
閉じる

出る杭はもっと出ろ!

「経営危機には給料を増やす!」(村田 明博 著)を読んで

今回は「経営危機には給料を増やす!」(村田 明博 著)という書籍についての感想です。

この本の副題は「世界一企業をつくった「天邪鬼経営」」となっています。

「わざと人に逆らう言動をする人。つむじまがり。ひねくれ者」である天邪鬼な経営とはどんなものかというと、

  • 経営危機には給料を増やす
  • 不況期には顧客訪問しない
  • 大型発注は断る
  • 稼動率は低くする
  • 事業領域を変える
  • 同質競争を避ける戦い方を工夫するく
  • 戦う地域をずらす
  • というようなものです。

    後ろの三つは、逆説的というよりは正攻法といえそうですが、例えば、同質競争を避ける戦い方としては、電源メーカーのコーセルの例が取り上げられていました。
    電源メーカの平均的な利益率は5%程度であるのに対して、同社の営業利益率は25%程度もあるそうです。そして、同社がこの利益率を実現している要因を一言でまとめるならば、それは「標準品のカタログ販売」というビジネスモデルにあるとされています。
    標準品ゆえ利用者からすれば、使い勝手が悪い部分があるはず。しかしながら、劇的な差別化が困難であるならば、標準化した製品に徹底し納品までのスピードに注力するほうが重要だと同社は判断した結果、標準品に特化し高い利益率を獲得しているそうです。

    個人的には「稼働率を低くする」というものに共感しました。天邪鬼経営では経営者は標準稼働率を低く設定するというものです。
    稼動率を低く設定することで、例えば稼働率80%でも利益が出せるような体質の強い企業になるうえ、急ぎの発注にも余裕で応えられるようになるため顧客の信頼も厚くなるとされています。さらに、グーグルの20%ルールのように、余裕があることで将来の新しい仕事を考える余裕も生まれるとされています。

    仕事をして食べていくためには稼働率をあげることを考えてしまいますが、専門性が高い職業の人ほど目標とする稼働率は80%位にして、より専門性を高める知識の習得などに割ける時間を確保する必要があると感じました。

    日々成長

    関連記事

    1. 「なぜ、あの会社は顧客満足が高いのか」

    2. 会計士協会の次期会長候補に「不適正意見」?-FACTA2013年…

    3. ”道具としての経営理論”

    4. 顧客ロイヤルティを知る「究極の質問」-フレッド・ライクヘルド

    5. 顧客満足度ランキングベスト100-週刊ダイヤモンド2012年8月…

    6. 「ザ・チェンジ!-人と職場がガラリと変わる12週間プログラム」を…

    コメント

    1. この記事へのコメントはありません。

    1. この記事へのトラックバックはありません。

    カテゴリー

    ページ上部へ戻る