menu
閉じる
閉じる
閉じる
  1. 収益認識会計基準適用を考慮したと思われる会計方針の変更事例
  2. ヤフー・IDCF事件に続き法人税法132条の2による否認事例が訴訟にな…
  3. 未払残業代の税務処理
  4. 弁当販売チェーン店の店長の管理監督者性が争われた事案
  5. 外貨建預金を原資とした株式等購入時の為替差損益申告漏れが散見
  6. 新収益認識基準が税務に与える影響は消費税が問題となりそうです
  7. 「採用選考ではない」と明言しつつ、事実上選考の場として懇談会を開催する…
  8. 不正会計発覚経緯は会計監査が最多らしいですが・・・
  9. 2名以上の独立社外取締役選任企業の割合は東証一部で88%に上昇
  10. IFRS適用検討会社数はこの位が限界か?
閉じる

出る杭はもっと出ろ!

カタログギフトと適用消費税率

消費税率の改正に向けて各種会計雑誌等で様々な事項が取り上げられています。色々な事項があるものだと感心してしまいますが、今回はカタログギフトについてです。

カタログギフトを販売している側に関係している人はあまり多くないと思いますが、何かと購入する機会はありそうなので、買手視点で確認しておくとよいかもしれません。

結論からすれば、カタログギフトはそのカタログギフト自体が販売された日を基準として適用される消費税が決定されるとのことです。

最近では結婚式に引き出物にカタログギフトが用いられるケースも多いので、2014年4月1日以降に挙式予定で、カタログギフトを利用する予定の人は、3月までに購入しておくと3%分お得ということになります。もっとも、全体的にかかる費用が多額なので、あまり気にならないかもしれませんが・・・

カタログギフトは、商品の引き渡しを受ける権利が付与された後に商品が引き渡されるという点で、消費税法上非課税資産となる商品券に類似しています。

しかしながら、商品券等の場合は、商品券等が販売された時点では何が購入されるかは確定していないので、商品券等を使って商品が購入された時点ではじめて課税資産の譲渡等が行われたこととなるのに対して、カタログギフトの場合は、業者が贈呈者にそれを販売した時点で、被贈呈者がカタログに掲載された商品の給付を受けることが事実上確定するため、カタログの販売自体が課税資産の譲渡等に該当するということになるとのことです(T&A master No.507)。

なかなか面白いですね。

日々成長

関連記事

  1. 消費税転嫁対策-どこまでOKでどこからアウト?

  2. 著作権は電気通信利用役務を構成しないそうです

  3. 「高額特定資産」とはなんですか?(その3)-平成24年改正(特定…

  4. 消費税引き上げに伴う経過措置-工事の請負等(その1)

  5. 同業者団体への年会費は消費税の課税対象か?

  6. 課税売上割合に準ずる割合とは?(その2)

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリー

ページ上部へ戻る