menu
閉じる
閉じる
閉じる
  1. 電子申告義務化に向け、簡素化が図られる可能性あり
  2. 「特定個人情報の適正な取扱いに関するガイドライン(事業者編)」に関する…
  3. 法律を読む技術・学ぶ技術(その2)
  4. 法律を読む技術・学ぶ技術(その1)
  5. 株式の無償発行を会社法上可能とする方向で検討
  6. 収益認識基準により消費税税込み方式は採用不可へ
  7. UKCホールディングスが連結子会社の会計処理誤りの影響を公表
  8. 最高裁、勤務医の残業代は高額年俸に含まれないと判断
  9. タカタ株が5連騰でストップ高-なぜ?
  10. 2018年3月期第1四半期報告書作成上の留意点
閉じる

出る杭はもっと出ろ!

中小企業金融円滑化法利用後の倒産件数は減少も高水準-帝国データ調べ

2013年7月8日に帝国データバンクから全国企業倒産集計の2013年上半期報が公表されました。

上場企業の倒産件数は2件(前期6件)、全体の倒産件数は 5310 件と、前年同期の 5760 件を 7.8%下回り、4 年連続の前年同期比減少となっています。

上記からすると、なんだか景気がよくなっているのかな?と思えてきますが、四半期ベースでみると、「2013年第2四半期(4~6月)は2762件で、前期(1~3月)の2548件を214件上回っている」とのことです。

これを受けて、帝国データバンクでは「中小企業金融円滑化法をはじめとする倒産抑制施策により、倒産件数は一進一退を繰り返しながら減少傾向を示していたが、第2四半期の件数をみると底打ち感が強まってきた。2013年下半期は、約40万社存在する返済猶予等を受けている企業のうち、金融機関が支え切れなくなる企業がこれまで以上に出てくるであろう。」と分析しています。

2013年6月の金融円滑化法利用後倒産件数は45件と過去最高を更新していた4月および5月と比較すると減少していますが、過去の傾向をみると年間で最も発生件数が少ないのが6月なので、それを考慮するとやはり高い水準で推移しているといえそうです。

過去からの発生件数の推移は以下のようになっています。
モラトリアム201306

また、2013年上期の円高関連倒産件数は56件で、2012年上期の51件よりも5件増加となっています。昨年と比較すると随分円安にすすんでいるにもかかわらず、倒産件数が増加しているのは興味深いところです。
なお、デリバティブ損失関連の倒産は18件と前年同期よりも2件増加となっています。

日々成長

関連記事

  1. 2012年中国経済は減速する?

  2. 日米同時上場のLINEーIPO時に異なる監査法人の監査報告書がつ…

  3. 「為替の誤解」(上野康成 著)-No1エコノミストらしいので・・…

  4. Facebookの時価総額は$100 billion?

  5. ”なぜ、私はBMWを3日に1台売ることができたのか”-飯尾昭夫 …

  6. 2015年明るい年になるとよいですが・・・

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリー

ページ上部へ戻る