menu
閉じる
閉じる
閉じる
  1. ビットコインの利益は「雑所得」-国税庁タックスアンサー
  2. 公募増資を巡るインサイダー取引の裁判で国側が高裁でも敗訴
  3. DCF法で第三者割当しても、簿価純資産でIPO直前期に自己株取得してい…
  4. 1歳6か月に達する日はいつのこと?-改正育児・介護休業法施行前に再確認…
  5. 日本郵政の有価証券報告書であらためて気づくこと-内部監査に問題あり?
  6. 独立社外取締役の2名以上選任が約85%に
  7. 東証一部上場承認翌日に開示したベステラの2Q決算が・・・?
  8. 定性情報すべて省略が7%(四半期決算短信)
  9. 四半期開示はなくなるか?
  10. 不適正意見・意見不表明と上場廃止基準の関係
閉じる

出る杭はもっと出ろ!

平成25年3月期における内部統制報告書-重要な不備は7社

平成25年3月期における内部統制報告書において、意見表明は2社、重要な不備があると開示された会社は7社でした。

意見不表明となったのは、イー・キャッシュと明治機械で、監査法人は清和監査法人と監査法人元和でした。意見不表明になるような会社の監査法人が大手でないのは、ある意味納得ですが興味深いのは重要な不備があると開示した会社の7社です。

平成25年3月期の内部統制報告書で重要な不備を開示した会社は以下の7社です。

  1. 大興電子通信(有限責任あずさ監査法人)
  2. 守谷商会(有限責任監査法人トーマツ)
  3. 燦キャピタルマネージメント(有限責任あずさ監査法人)
  4. コマニー(有限責任あずさ監査法人)
  5. アイレックス(聖橋監査法人)
  6. 椿本興業(有限責任あずさ監査法人)
  7. 日本コンベア(有限責任あずさ監査法人)

上記7社のうち6社(燦キャピタルマネージメント以外)は不適切な会計処理によるものとなっていますが、7社中5社が有限責任あずさ監査法人のクライアントという結果となっています。椿本興業と日本コンベアについては、椿本興業における従業員の不正取引の相手方として日本コンベアでも重要な不備が開示されているという関係にあるものの、7社中5社が同一の監査法人に集中しているのは興味深いところです。

新日本有限責任監査法人が1社もありませんが、有限責任監査法人トーマツも1社なので、これは誤差の範囲と言えそうです。

有限責任あずさ監査法人への集中は単なる偶然か何かほかに原因があるのか。来年以降の動向が気になります。

日々成長

関連記事

  1. 新規上場後3年間は内部統制監査免除する法案が衆議院を通過

  2. オリンパス社の「のれん」の内訳が開示されました-金融機関向け説明…

  3. 上場ベンチャー企業の粉飾・不公正ファイナンス

  4. 大王製紙も忘れてはなりません(その2)

  5. 過年度決算の訂正と内部統制報告書の訂正-決算訂正2度の三櫻工業(…

  6. 大王製紙も忘れてはなりません(その1)

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリー

ページ上部へ戻る