menu
閉じる
閉じる
閉じる
  1. 兼業・副業時の残業代は誰が払う?
  2. 適時開示PDF資料のプロパティに要注意
  3. ポイントの未使用残高は未払計上で損金算入可能か
  4. Excelの使い方を改めて確認してみた(その3)
  5. 会社法における「株式交付」に係る規定を整備する方向で検討
  6. 子会社である法人が留意すべき法人税実務
  7. 採用以来約30年間にわたる勤務成績・勤務状況の不良を理由とする普通解雇…
  8. 労働契約締結前の労働条件の明示内容等の改正(平成30年1月1日施行)
  9. 「実務補習生の不適切な行為について」って何が?
  10. 税理士事務所の事業承継にあたり営業権の対価が争われた事案
閉じる

出る杭はもっと出ろ!

2014年4月1日以降分の保守売上にかかる消費税への対応動向

以前”保守売上を期間按分している場合の消費税はどうなるのか?”というエントリで、2014年4月1日以降の保守料金を前受しているような場合に消費税はどうなるのかについて考えましたが、今後販売される分についての対応方法がいくつか事例としてみえてくるようになりました。

売主側の対応方針としては、以下のいずれもあります。

  1. 消費税が上がった場合には追加で消費税分を請求する
  2. 保守期間が2014年4月1日以降であっても、3月までに販売した分については5%を適用する

前者の場合は、大型のシステム開発を請け負っているような事業者で見られ、見積段階で経過措置の対象とならない部分については消費税が8%になった場合には追加で消費税分を請求する旨が記載されています。

後者はパッケージソフトの保守サービスなど比較的安価な保守サービスを提供している事業者の対応としてみられます。この場合、3%分の影響を売主が被ることになりますが、事務処理の便宜等を勘案の上、販売日を基準とすることを選択したようです。

会社の方針でどちらもありえるわけですが、追加請求にかかるコストを勘案すると、1件あたりの金額が大きい事業主ほど消費税分を追加請求する方を選択することになりそうです。

まだ、全体的な対応の動向がみえてはいませんが、これから徐々に明らかになってくるものと考えられます。

なお、2014年4月1日より前に前受計上した金額については、以前として特段の経過措置は公表されていませんので、2014年4月1日以降に取崩される分については8%が適用されることになりそうです。

1件当たりの金額が小さい保守サービスの場合、そもそも販売業務のオペレーション上対応可能か、費用対効果を考えて割にあうのかという点を考慮して対応を決めることになると考えられます。

それにしても悩ましい問題です。

日々成長

関連記事

  1. 東京都都税条例の改正が4月1日に公布されました

  2. インサイダー取引規制の改正-2015年9月16日施行

  3. 太陽光発電電力の売却と消費税

  4. 期限切れになったモラトリアム法利用後の3月倒産発生件数は42件-…

  5. 所得税の世帯課税は女性の活用を妨げるのか?

  6. 改正会社法の社外要件厳格化で社外資格を失う役員が相当数いるようで…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリー

ページ上部へ戻る