menu
閉じる
閉じる
閉じる
  1. 2017年4月から手取額が同額の場合も定期同額給与扱いに-平成29年度…
  2. 配当金は持参債務-株主が海外に居住している場合はどうする?
  3. 2016年3月期東芝の監査報酬は53億円-FACTA2017年4月号
  4. 仮想通貨(ビットコイン等)が消費税の非課税対象に
  5. 「法人税。住民税及び事業税等に関する会計基準」が公表されました。
  6. 株主総会で従業員株主が複数質問するも総会決議に著しい不公正がないと判断…
  7. セルフメディケーションの添付書類の見直し
  8. 不正アクセスでクレジットカード番号等の情報が流出した可能性を開示-GM…
  9. 取締役会の専決事項とされる「多額の借財」の「多額」はどのレベル?
  10. エフオーアイの粉飾決算で主幹事証券に賠償責任が認められた判決ー東京地裁…
閉じる

出る杭はもっと出ろ!

大手監査法人は対応が遅い?

3月決算会社の第1四半期の決算発表が次々と行われているので適時開示資料を見ていたら「監査契約の合意解除に対する前会計監査人の意見に関するお知らせ」という興味をそそる開示資料が目につきました。

この開示を行ったのは㈱SJIというジャスダック上場会社です。

内容は、子会社で発生した内部統制不備に関連して平成 25 年3月期の監査が未了となっており、引き続き新日本有限責任監査法人が監査を行っていたものの、「子会社の会計監査人である Deloitte Touche Tohmatsu の監査が出てから、新日本有限責任監査法人が当社の監査報告を提出するには、SinoCom を子会社化した 2012年 7月以降の企業集団内での資金の流れについて一部見解の相違が解消できないなど、新日本有限責任監査法人内部での様々な調整・折衝を含めた最終判断になお時間を要する」とのことで監査契約を合意解約したというものです。

さらに、「より機動的に迅速な対応が可能な監査法人にも打診し、新たな会計監査人の選定」をすすめた結果、紀尾井町公認会計士共同事務所を一時会計監査人に選任したとされています。

実際何があったのかはよくわかりませんので何とも言えませんが、「企業集団内での資金の流れについて一部見解の相違が解消できない」ということであれば、「内部での様々な調整・折衝」云々はあまり関係ない気はします。ただ、敢えてこのような書き方をしていることおよび、後の文章で「より機動的に迅速な対応が可能な監査法人」などと書いていることからすれば、会社としては新日本有限責任監査法人の対応に不満を感じていることが伺えます。

監査上重要な論点がある場合、大手監査法人の方が審査等々で反応が得られるまで時間がかかるという面は否定できませんが、反応が早くても見解が二転三転するのも困るので、その辺のバランスが取れているといいのですが・・・

この件については、監査法人変更後2日後に監査意見が出て、有価証券報告書の提出が完了していました。これもいかがなものかと思いますが、そんなものなのでしょうか・・・

日々成長

関連記事

  1. グループ法人税と税効果(子会社株式等の売却)

  2. スケジューリングの可否と繰延税金負債の関係

  3. 有価証券報告書の作成・提出に際しての留意事項(平成25年3月期版…

  4. 債権債務の相殺消去等で生じた換算差額の処理

  5. 組替調整額および税効果の注記-平成24年3月期より

  6. 少数株主との取引を資本取引とする方向で検討が再開されたそうです

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリー

ページ上部へ戻る