menu
閉じる
閉じる
閉じる
  1. 多数回かつ頻繁に馬券を購入しているも的中率低く雑所得と認められず
  2. 消費税率改正施行日をまたぐ役務提供の前受金等に適用される消費税率
  3. 税制適格ストック・オプションの拡充はベンチャーに限定されないようです
  4. 平成30年度税制改正でこんな罰則が強化されていたとは・・・
  5. CGSガイドラインの改訂-後継者計画等
  6. 有償新株予約権-実務対応報告適用開始後も15社が発行
  7. インボイス制度における端数処理は何故領収単位か?
  8. 長期のインセンティブが弱いRS等に多くの反対票
  9. 監査法人に対する勧告の公表差し止め請求認めず-東京高裁
  10. 一体開示で表示方法を変更した場合の記載事例
閉じる

出る杭はもっと出ろ!

大手監査法人は対応が遅い?

3月決算会社の第1四半期の決算発表が次々と行われているので適時開示資料を見ていたら「監査契約の合意解除に対する前会計監査人の意見に関するお知らせ」という興味をそそる開示資料が目につきました。

この開示を行ったのは㈱SJIというジャスダック上場会社です。

内容は、子会社で発生した内部統制不備に関連して平成 25 年3月期の監査が未了となっており、引き続き新日本有限責任監査法人が監査を行っていたものの、「子会社の会計監査人である Deloitte Touche Tohmatsu の監査が出てから、新日本有限責任監査法人が当社の監査報告を提出するには、SinoCom を子会社化した 2012年 7月以降の企業集団内での資金の流れについて一部見解の相違が解消できないなど、新日本有限責任監査法人内部での様々な調整・折衝を含めた最終判断になお時間を要する」とのことで監査契約を合意解約したというものです。

さらに、「より機動的に迅速な対応が可能な監査法人にも打診し、新たな会計監査人の選定」をすすめた結果、紀尾井町公認会計士共同事務所を一時会計監査人に選任したとされています。

実際何があったのかはよくわかりませんので何とも言えませんが、「企業集団内での資金の流れについて一部見解の相違が解消できない」ということであれば、「内部での様々な調整・折衝」云々はあまり関係ない気はします。ただ、敢えてこのような書き方をしていることおよび、後の文章で「より機動的に迅速な対応が可能な監査法人」などと書いていることからすれば、会社としては新日本有限責任監査法人の対応に不満を感じていることが伺えます。

監査上重要な論点がある場合、大手監査法人の方が審査等々で反応が得られるまで時間がかかるという面は否定できませんが、反応が早くても見解が二転三転するのも困るので、その辺のバランスが取れているといいのですが・・・

この件については、監査法人変更後2日後に監査意見が出て、有価証券報告書の提出が完了していました。これもいかがなものかと思いますが、そんなものなのでしょうか・・・

日々成長

関連記事

  1. 消費税(その8)-個別対応方式勘定別留意点2

  2. 決算短信の業績予想開示に自由記載形式が認められました

  3. 繰越欠損金の控除限度額の引き下げと税効果

  4. 2012年3月期の決算短信における自由記載方式採用は6社

  5. 虚偽記載等の損害賠償責任が過失責任に

  6. SBIホールディングスもオリンパスに続いてしまうのか?

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリー

ページ上部へ戻る