menu
閉じる
閉じる
閉じる
  1. 消費税受還付事件-平成29年度は過去最高の懲役7年6月も
  2. エフオーアイの粉飾-主幹事証券に責任認めず(東京高裁)
  3. 単位の誤りや日付誤り-有報提出前にもう一度チェックしましょう。
  4. 監査報酬は引き続き増加傾向
  5. メルカリの仕入税額控除否認のロジックとは?
  6. 譲渡制限付株式の導入社数が1.5倍に
  7. 平成30年3月期決算短信-平均所要日数は39.1日
  8. 改正税効果早期適用は16社-2018年3月期
  9. 有価証券等の譲渡に係る内外判定の改正(消費税)ー平成30年度改正
  10. 粉飾決算をめぐり監査法人に約6億円の損害賠償-プロデュース社事件
閉じる

出る杭はもっと出ろ!

期中に連結子会社がなくなったら期末の連結財務諸表作成は不要?

今回は、子会社が1社しかない状況で連結財務諸表を作成していた会社が、期中に子会社を売却や清算したことによって期末時点で子会社がなくなった場合の連結財務諸表の作成の要否についてです。

単純に考えると、期末に子会社がないのだから連結財務諸表の作成は不要ということになりますが、一方で関連当事者の注記の様に、子会社が存在した期間のフロー情報は必要なのでは?という考えも頭をよぎります。

実際に事例を探してみると、以下のような事例が存在します。

1.ポケットカード㈱(2013年2月期)

唯一の子会社であったファミマクレジット㈱を平成24年9月15日に吸収合併したことにより2Q(8月期)までは四半期連結財務諸表を作成しているが、3Q(11月期)では単体開示のみとなっています。

また、年度(2013年2月期)の財務諸表も単体のみの開示となっています。

2.㈱ダイショー(2013年3月期)

連結子会社であった株式会社ダイショーフードシステムズが平成24年4月20日に清算結了したことにより、2013年3月期第1四半期(2012年6月末)から単体開示に移行しています。

3.㈱ケイブ(2009年5月期/平成21年5月期)

この事例では、平成21年5月期の連結財務諸表が当時のフルセットで作成されています。連結の範囲に関する事項には以下のように記載があります。

(1)連結子会社等の数  0社
 前連結会計年度において連結子会社でありましたビーズマニア株式会社については、平成20年9月30日付で清算結了したため、連結除外となっております。

(2)非連結子会社   なし

つまり、期末時点(平成21年5月末)では子会社がないことになりますが、連結財務諸表を作成し開示しています。

というわけで、このようなケースで連結財務諸表を作成するのかしないのかは簡単なようで、実は常識と言えるレベルの知識ではないといえそうです。

しかしながら、期末時点で子会社が存在しないのであれば連結財務諸表の作成は不要というのが一般的な解釈です。以前、このような事例で会社の担当者に関東財務局に確認してもらったところ連結財務諸表の作成は不要とのことだったので、この解釈で問題はないはずです。

ところで、そんなことがどこに書いてあるのかを調べてみると、実はよくわかりません。裏を返すと、調べても簡単にはわからないことなので、期末に子会社がなくても連結財務諸表を開示するようなケースがでてくるのでしょう。

連結財規2条1号では、連結財務諸表提出会社は、「法の規定により連結財務諸表を提出すべき会社及び指定法人をいう。」とされています。ここでいう「法」は、金融商品取引法を意味すると考えられるので、金融商品取引法を確認すると第24条において「有価証券報告書の提出」について規定されています。

一部を抜粋すると、「有価証券の発行者である会社は、(中略)内閣府令で定めるところにより、事業年度ごとに、当該会社の商号、当該会社の属する企業集団及び当該会社の経理の状況その他事業の内容に関する重要な事項その他の公益又は投資者保護のため必要かつ適当なものとして内閣府令で定める事項を記載した報告書(以下「有価証券報告書」という。)を(中略)内閣総理大臣に提出しなければならない」とされています。

「当該会社の属する企業集団」があれば連結財務諸表を作成することになると思いますが、いつ時点でそれを判断するかという点については特に述べられていません。

他に関連しそうな条文を探すと193条に「財務諸表の用語、様式及び作成方法」なる以下の条文があります。

第百九十三条  この法律の規定により提出される貸借対照表、損益計算書その他の財務計算に関する書類は、内閣総理大臣が一般に公正妥当であると認められるところに従つて内閣府令で定める用語、様式及び作成方法により、これを作成しなければならない。

財規の条文に逆戻りですが、そもそも連結財規の定義にある「法の規定により連結財務諸表を提出すべき会社」が問題になっているので役には立ちそうにありません。

結局のところ解釈論なのかもしれません。金商法24条において有価証券報告書の提出が不要とされる例外規定の判定基準日が「当事業年度の末日における」となっていることから末日での判定が基本ということかもしれません。

明確な根拠がわかったらまたの機会に書くことにします。

日々成長

関連記事

  1. 会計上の変更及び誤謬の訂正に関する会計基準と1株あたり情報

  2. SBI案件も大詰めーFACTA9月号

  3. 過年度遡及修正と各法制度との関係(その2)

  4. 買収時に減損されている固定資産はどう評価すべきか?

  5. 平成24年3月期遡及修正の開示例ーその他

  6. 「比較情報の取扱いに関する研究報告(公開草案)」が公表されました…

コメント

    • yk
    • 2017年 10月 05日

    いつも楽しく拝見させて頂いています。

    記事を読ませて頂いていてふと疑問に思ったのですが、連結子会社1社、持分法適用会社は複数社、非連結子会社が1社というケースで、連結子会社1社が連結除外となった場合は連結財務諸表による開示となるのでしょうか。

    肝心な連結子会社はいないものの、持分法適用会社はあるので連結財務諸表はやっぱり開示するのかな?とよくわからなくなりました。

    ご見解をお伺い出来れば嬉しいです。
    宜しくお願い致します。

      • MAK
      • 2017年 10月 06日

      こんにちは。

      理論的には、関連会社の重要性次第ということになると考えます。

      関連会社に重要性がある場合、連結子会社がないのに連結財務諸表を作成するのはおかしいので、従来非連結子会社としていたものを連結子会社にするということになりますが、「連結の範囲及び持分法の適用範囲に関する重要性の原則の適用等に係る監査上の取扱い」においても、連結の範囲に係る重要性の判断基準においても「量的な重要性が乏しいという判断だけで連結の範囲から除外することができない子会社も存在する可能性がある」、「量的側面と質的側面の両面から判断されるべきであると考えられる」(3項)とされていますので、質的重要性が高まったという理屈はあると考えられます。

      とはいえ、関連会社に重要性があっても、単体財務諸表に「持分法損益等」の注記によって情報提供が行われるという点を考えると、自分が実務担当であれば、連結財務諸表の作成は不要と主張すると思います。

      ちなみに、子会社および関連会社を有しているものの連結財務諸表を作成していない事例としては構造計画研究所(非連結子会社3社、関連会社5社)、ジャパンフーズ(非連結子会社1社、関連会社2社)などがありますが、いずれも持分法損益等の注記は行っています。

        • yk
        • 2017年 10月 26日

        ご丁寧な回答を頂きまして誠にありがとうございます。
        ご返信が遅くなり本当に申し訳ございません。

        確かに単体でも持分法損益等の注記による情報提供は為されていることからすると実務担当者の方は連結財務諸表の作成は不要と主張しますよね。
        監査上の取扱いの記載も確認してみます。

        大変勉強になりました。本当にありがとうございます。
        記載頂きました構造計画研究所とジャパンフーズ社の開示も見てみようと思います。

        いつも大変勉強になる情報を楽しく読ませて頂いています。
        お体に気をつけてこれからも頑張ってください。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリー

ページ上部へ戻る