menu
閉じる
閉じる
閉じる
  1. 株式の無償発行を会社法上可能とする方向で検討
  2. 収益認識基準により消費税税込み方式は採用不可へ
  3. UKCホールディングスが連結子会社の会計処理誤りの影響を公表
  4. 最高裁、勤務医の残業代は高額年俸に含まれないと判断
  5. タカタ株が5連騰でストップ高-なぜ?
  6. 2018年3月期第1四半期報告書作成上の留意点
  7. 資本金1円の上場企業が急増?
  8. 監査人交代時の開示の充実化を検討
  9. SMCの「北米疑惑」?
  10. 採用内定後のインターンシップで能力不足が判明した場合、内定は取り消せる…
閉じる

出る杭はもっと出ろ!

約5000件のサイト改ざんが発生したようです

Krad Xinという有名なハッカーによって、レンタルサーバーの「ロリポップ!」で運用されているWordpressで作成されたサイトで約5000件のサイト改ざんが発生して話題となっています。他のレンタルサーバーでも改ざん被害が確認されているようですが、約8割は「ロリポップ!」ユーザーで、改ざん対象は無作為に選ばれているそうです。

何がすごいって、1件・2件でなく約5000件のサイト改ざんを行っているという点です。地道に1件、1件改ざんするほど暇ではないでしょうから、相当効率よく改ざんが可能な状況にあったということでしょう。

ちなみにどのような改ざんが行われているかというと、タイトルが「Hacked by Krad Xin」に書き換えられたり、文字化けして読めなくなったりと、どちらかというと改ざんしたぞ!ということをわかり易くアピールしている感じのサイト改ざんだそうです。

確かに「Hacked by Krad Xin」で検索してみると、普通のブログサイト等で多くのサイトがヒットします。検索結果の最初のほうに出てくるのは今回の件について書いてあるサイトであるのが多いので、検索結果の数ページ目を見てみると、開こうとすると真っ白になっていたりするサイトが結構あります。個人のブログサイトだけでなく、企業サイトも目に付くので、被害の大きさが窺い知れます。

ただし、復旧はそれほど難しくないようで、そういった意味では大規模な悪戯という範疇に入りそうです。他人のPCデータがぶっ飛んだという話を聞くたびに自分のPCのバックアップを取るのと同様に、私も早速Wordpressのバックアップをとりました。

私が利用しているWADAXからも、「現時点で弊社サーバーへの影響は確認されておりませんが、設置されているファイルのパーミッションによっては同様の問題が発生する可能性が御座います為、緊急で対応を行わせて頂きます。」という連絡が来ました。
とはいえ、WADAXでは今回の被害がでていないようなので、高い年間利用料を払っているだけの効果はあったということかもしれません。

安いレンタルサーバーもいいですが、このようなケースがあると多少高くても安心できるレンタルサーバーを選ぶことも重要だと改めて感じました。

セコムで安心が違うレンタルサーバーWADAXについてはこちらを参照してください。

また、Wordpressを運用するのであれば、WordPressの運用に特化したレンタルサーバー『wpXレンタルサーバー』のエックスサーバーも少々値ははりますがおススメです。

日々成長

関連記事

  1. WordPressの自動更新

  2. WordPress Popular Postsの順位(ページカウ…

  3. WordPressのサーバーを移転する際のメモ(その2)

  4. スマホサイトの情報ポータルページについて

  5. WordPressのリダイレクト方法

  6. 最近1週間読まれている記事を表示するプラグイン-WordPres…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリー

ページ上部へ戻る