menu
閉じる
閉じる
閉じる
  1. 法律を読む技術・学ぶ技術(その1)
  2. 株式の無償発行を会社法上可能とする方向で検討
  3. 収益認識基準により消費税税込み方式は採用不可へ
  4. UKCホールディングスが連結子会社の会計処理誤りの影響を公表
  5. 最高裁、勤務医の残業代は高額年俸に含まれないと判断
  6. タカタ株が5連騰でストップ高-なぜ?
  7. 2018年3月期第1四半期報告書作成上の留意点
  8. 資本金1円の上場企業が急増?
  9. 監査人交代時の開示の充実化を検討
  10. SMCの「北米疑惑」?
閉じる

出る杭はもっと出ろ!

若者チャレンジ奨励金が各都道府県で続々と終了しています

平成25年度に新設された助成金の一つに若者チャレンジ奨励金(若年者人材育成・定着支援奨励金)というものがあります。

この奨励金は、35歳未満の非正規雇用の若者を、自社の正社員として雇用することを前提に、自社内での実習(OJT)と座学(OFF-JT)を組み合わせた訓練(若者チャレンジ訓練)を実施する事業主に、訓練奨励金として訓練受講者1人につき月額15万円を支給し、当該事業主が訓練終了後、訓練修了者を正社員として雇用した場合に、正社員雇用奨励金として1人当たり1年経過時に50万円、2年経過時に50万円(計100万円)を支給するというものです。

この奨励金は平成25年度末までの時限措置で、支給額が予算に達する見込みとなった時点で申請の受付が中止されることになっていますが、従来の教育訓練型の奨励金と比べると支給金額も大きく、企業にとってはより魅力的な制度であるというのは間違いなさそうです。

現に、沖縄県5月末、大阪府6月7日、京都府6月19日、東京都6月21日、北海道6月28日、千葉県7月5日、神奈川県7月22日、愛知県8月9日と次々に受付が終了しています。

首都圏でいえば、埼玉労働局のHPをみる限りにおいて現時点ではまだ受付中のようですが、受付が終了される日も遠くないのではないかと予想されます。

上記のとおり、若干手遅れ感はありますが、一応主な支給要件を確認しておくと以下のようになっています。
(1)訓練奨励金

  • 訓練期間が3ヶ月以上2年以下であること
  • 1カ月当たりの訓練時間が130時間以上であること
  • 自社内での実習(OJT)と座学(Off-JT)を組み合わせた訓練であること
  • 全体の訓練時間にOJTの占める割合が1割以上9割以下であること
  • ジョブ・カード様式4(評価シート)を作成し、それによって訓練受講者の職業力の評価を行うこと
  • (2)正社員雇用奨励金
    訓練実施計画に基づいて訓練を実施し、訓練の終了日の翌日から起算して一ケ月以内に訓練終了者を雇用した日から起算して1年または2年の日まで引き続き正社員として雇用する事業主であること

    それにしてもここまでやる必要があるのだろうか・・・。

    日々成長

    関連記事

    1. 精神障害を事由とする労災申請(その3)

    2. 特定退職金共済とは何ですか?

    3. プラチナくるみん認定企業が100社を突破-認定企業は公共調達で有…

    4. 短時間労働者に対する社会保険適用範囲の拡大-2016年10月1日…

    5. 監査法人でも導入され始めた変形労働制とは?

    6. 平成27年度雇用保険料率は前年据え置きに

    コメント

    1. この記事へのコメントはありません。

    1. この記事へのトラックバックはありません。

    カテゴリー

    ページ上部へ戻る