menu
閉じる
閉じる
閉じる
  1. 大規模法人の完全孫会社が中小企業特例の適用対象外に
  2. 空撮用ドローンの耐用年数は5年
  3. 企業等に所属する会計士の倫理規則等が改正されるそうです
  4. マザーズから東証1部に市場変更直後に東証2部への指定替え猶予期間に突入…
  5. 消費税10%経過措置Q&Aに追加されたQ&A(基本…
  6. 2018年IPO会社の監査報酬動向など
  7. SO税制拡充は限定的に-平成31年度税制改正
  8. 経営財務誌が選ぶ2018年5大ニュース
  9. 業績連動給与の要件緩和と厳格化
  10. 英国監査法人Big4でのパートナー解雇状況とは?
閉じる

出る杭はもっと出ろ!

MOLESKINEの18か月スケジュール帳2014年版

2013年もまだ随分残っている感じはしますが、MOLESKINEの2014年版のスケジュール帳が販売が開始されていました。18か月分のスケジュール帳なので2013年7月~2014年12月までの18か月がカバーされています。

昨年の暮れに2013年版を購入したので、今のスケジュール帳を7カ月程度しか使用していませんので、どこで切り替えるべきかを悩みましたが、2014年も同じものを使用しようと決めていたので、早速切り替えることにしました。

私が使用しているのは”スケジュール+ノート 18ヶ月 2013-2014年 ソフトカバー / ラージ”で定価2,940円なので、安くはありませんが、見開きの左側が週間スケジュール、右側が横罫ノートになっていて、メモや思いついたことを書くのに十分なスペースが確保できるのが気に入っています。また、最初の方に、月間スケジュール(1ページに2か月分)も含まれているのも便利です。

ソフトカバー / ラージの大きさは、片面がB5位の大きさです。常に持ち運ぶには大きさが気になる方もいると思いますが、私の場合は携帯性よりも、記入スペースが十分に確保できるという利便性を優先しました。

スケジュール+ノート 18ヶ月にはより小さなポケットサイズやラージサイズよりも大きなXラージもあるので、用途に応じてこちらを選択するのもよいと思います。さらに、カバーもソフトカバーとハードカバーがありますので、この辺も個人の好みで選択すればよいと思います。

モレスキンのノートは、使ってみたいものの値段がネックで、ノートとして利用するのはちょとためらいますが、手帳であれば1年以上使用できるので試してみるのもよいのではないかと思います。

日々成長

関連記事

  1. シャーペンの0.9mm赤替え芯を発見

  2. キングジムのSHOT NOTEは使えるか?

  3. 格安(年間1000円程度)で独自ドメインのメールアドレスを取得す…

  4. Acronis True Image Home 2010(バック…

  5. Wordの不思議(その3)-網掛けが思い通りにいかないのは何故?…

  6. グローバルデータでレンタルしたデータ通信機器-in 台湾

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリー

ページ上部へ戻る