menu
閉じる
閉じる
閉じる
  1. 税制適格ストック・オプションの拡充はベンチャーに限定されないようです
  2. 平成30年度税制改正でこんな罰則が強化されていたとは・・・
  3. CGSガイドラインの改訂-後継者計画等
  4. 有償新株予約権-実務対応報告適用開始後も15社が発行
  5. インボイス制度における端数処理は何故領収単位か?
  6. 長期のインセンティブが弱いRS等に多くの反対票
  7. 監査法人に対する勧告の公表差し止め請求認めず-東京高裁
  8. 一体開示で表示方法を変更した場合の記載事例
  9. 収益認識の代替的取扱いで再検討される項目がある?
  10. マンション販売に関する仕入税額控除否認に対し、エーディーワークスが審査…
閉じる

出る杭はもっと出ろ!

MOLESKINEの18か月スケジュール帳2014年版

2013年もまだ随分残っている感じはしますが、MOLESKINEの2014年版のスケジュール帳が販売が開始されていました。18か月分のスケジュール帳なので2013年7月~2014年12月までの18か月がカバーされています。

昨年の暮れに2013年版を購入したので、今のスケジュール帳を7カ月程度しか使用していませんので、どこで切り替えるべきかを悩みましたが、2014年も同じものを使用しようと決めていたので、早速切り替えることにしました。

私が使用しているのは”スケジュール+ノート 18ヶ月 2013-2014年 ソフトカバー / ラージ”で定価2,940円なので、安くはありませんが、見開きの左側が週間スケジュール、右側が横罫ノートになっていて、メモや思いついたことを書くのに十分なスペースが確保できるのが気に入っています。また、最初の方に、月間スケジュール(1ページに2か月分)も含まれているのも便利です。

ソフトカバー / ラージの大きさは、片面がB5位の大きさです。常に持ち運ぶには大きさが気になる方もいると思いますが、私の場合は携帯性よりも、記入スペースが十分に確保できるという利便性を優先しました。

スケジュール+ノート 18ヶ月にはより小さなポケットサイズやラージサイズよりも大きなXラージもあるので、用途に応じてこちらを選択するのもよいと思います。さらに、カバーもソフトカバーとハードカバーがありますので、この辺も個人の好みで選択すればよいと思います。

モレスキンのノートは、使ってみたいものの値段がネックで、ノートとして利用するのはちょとためらいますが、手帳であれば1年以上使用できるので試してみるのもよいのではないかと思います。

日々成長

関連記事

  1. Logicoolマウスでチャタリングが発生し、二重注文が・・・

  2. 従業員に対して緊急連絡用に親族等の連絡先の提供を求めることはでき…

  3. PCデータのバックアップ-PARAGON Hard Disk M…

  4. Cloudfoggerを利用してみる-外部ストレージのファイルの…

  5. HLOOKUP関数って何?-知っていると便利かも

  6. FastStone Capture

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリー

ページ上部へ戻る