menu
閉じる
閉じる
閉じる
  1. インボイス制度の消費税端数処理はインボイス単位でしか認められない
  2. 「M&A、費用計上の義務化検討 国際会計基準」-日経新聞より
  3. 18年3月期は定額法から定率法に減価償却方法を変更した会社が1社
  4. ハラスメント関連で実施されている諸施策は?
  5. IASBがのれん減損テストの緩和措置を検討するそうです
  6. 株式譲渡契約時の未払租税債務について売主に賠償命じる判決
  7. 攻めのIT経営銘柄が攻めすぎた件
  8. 法人が収受した立退料の消費税の取扱いは?
  9. 平成31年度税制改正でストック・オプション税制の拡充が検討対象になって…
  10. 山梨県のぶどうの樹はやはり財産評価額も高くなるのか?
閉じる

出る杭はもっと出ろ!

外貨建有価証券が有償減資された場合の会計処理

今回はその他有価証券に分類していた外貨建有価証券について有償減資を受けた場合の会計処理についてです。

簡単な例で考えてみます。なお、当該有価証券は時価を把握するのが極めて困難なものに該当するものとし、税効果は便宜上無視します。

1.取得時(X1年4月1日)
外貨建取得価額1,000$、取得の為替レート1$=100円

取得時の仕訳は以下のようになります。
借)投資有価証券 100,000 貸)現金預金 100,000

2.決算時(X2年3月31日)
決算日の為替レート 1$=110円

時価のない外貨建その他有価証券は、取得原価または償却原価法に基づいて算定した償却原価を決算時のレートで換算して円建の金額を算出することとされており(外貨建取引実務指針15項)、換算により生じた差額は「その他有価証券評価差額金」として取り扱われます。

したがって、決算時の仕訳は以下のようになります。
借)投資有価証券 10,000 貸)その他有価証券評価差額金 10,000

3.有償減資時(X2年9月30日)
X2年9月30日に外貨建取得価額100$の有償減資を受け、9月30日の為替レートは1$=115円であったものとします。

この場合、有償減資により回収される円貨は11,500円(100$×115円)ですが、当初取得価額相当額は10,000円(100$×100円)で、両者の差額1,500円はどうするのかが問題となります。

考え方としては、以下の二つが考えられます。

  1. 1,500円は為替の変動によるものであるので為替差損益として処理する。
  2. 実際に回収した金額を全額取得価額から減額する。

どう処理しなければならないとは基準等に明確には書かれていませんが、差額は為替の変動による影響額であることが明らかであることから為替差損益として処理する方が妥当だと考えられます。また、決算時の換算差額がその他有価証券評価差額金で処理されることからすれば、投資有価証券の消滅に伴い対応するその他有価証券評価差額金部分はPLにヒットさせるのが自然だと考えられます。

したがって、上記の例では仕訳は以下のようになると考えられます。
借)現金預金 11,500 貸)投資有価証券 10,000
             為替差益    1,500

日々成長

関連記事

  1. 外貨建売買有価証券の決算時の会計処理

  2. 決算期が異なる在外子会社との債権債務相殺消去から生じた消去差額の…

  3. 外貨建債券の決算時の処理

  4. 在外子会社からの外貨建借入金から生じた為替差損益は連結上消去する…

  5. 外貨建満期保有目的債券の期末換算処理

  6. 債権債務の相殺消去等で生じた換算差額の処理

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリー

ページ上部へ戻る