menu
閉じる
閉じる
閉じる
  1. 大規模法人の完全孫会社が中小企業特例の適用対象外に
  2. 空撮用ドローンの耐用年数は5年
  3. 企業等に所属する会計士の倫理規則等が改正されるそうです
  4. マザーズから東証1部に市場変更直後に東証2部への指定替え猶予期間に突入…
  5. 消費税10%経過措置Q&Aに追加されたQ&A(基本…
  6. 2018年IPO会社の監査報酬動向など
  7. SO税制拡充は限定的に-平成31年度税制改正
  8. 経営財務誌が選ぶ2018年5大ニュース
  9. 業績連動給与の要件緩和と厳格化
  10. 英国監査法人Big4でのパートナー解雇状況とは?
閉じる

出る杭はもっと出ろ!

株主資本等変動計算書の様式が横並び方式になります

2013年8月20日に「財務諸表の用語、様式及び作成方法に関する規則等の一部を改正する内閣府令」が公表され、株主資本等変動計算書の様式が変更されることになりました。

これは次世代EDINETへの移行に伴う見直しで、従来の純資産項目を縦に並べる様式から横に並べる様式に変更になります。

この改正の適用時期は以下のようになっています。
(1)有価証券報告書
 平成25年12月31日以後に終了する事業年度に係るもの

(2)有価証券届出書
 直近の事業年度又は特定期間が平成25年12月31日以後に終了するもの

(3)半期報告書
 平成26年1月1日以後に開始する事業年度又は特定期間に属する中間会計期間又は中間計算期間に係るもの

したがって12月決算の会社・3月決算の会社ともに現行期の本決算から適用開始となります。四半期報告書は平成26年1月1日以降に開始する事業年度に含まれる四半期から適用開始となります。

縦形式が採用された時に見にくいと感じましたが、やはり横形式の方が一覧性も高く理解しやすいということなのでしょう。ところで、次世代EDINETになると何がかわるのかですが、伝えられているところによれば操作性が改善されるとともに、検索機能が強化されるそうです。
さらに、XBRLデータを表計算ソフトで使える形式に変換する機能や、時系列・企業間の比較ができる簡単な分析機能も付加されるとのことで、個人投資家にも利用しやすくなるそうです。

日々成長

関連記事

  1. 「払込期日」と「払込期間」を定めた場合の違いは?-自己株式の処分…

  2. 配当の効力発生日は総会の翌日でなければならないのか?

  3. 自己株式取得はどの時点で認識すべき?

  4. 役員退職慰労金の一任決議の場合、株主は内規等の閲覧を請求できる?…

  5. 有償新株予約権の会計処理の原案が明らかに

  6. 自己株式の会計処理(その1)

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリー

ページ上部へ戻る