menu
閉じる
閉じる
閉じる
  1. ビットコインの利益は「雑所得」-国税庁タックスアンサー
  2. 公募増資を巡るインサイダー取引の裁判で国側が高裁でも敗訴
  3. DCF法で第三者割当しても、簿価純資産でIPO直前期に自己株取得してい…
  4. 1歳6か月に達する日はいつのこと?-改正育児・介護休業法施行前に再確認…
  5. 日本郵政の有価証券報告書であらためて気づくこと-内部監査に問題あり?
  6. 独立社外取締役の2名以上選任が約85%に
  7. 東証一部上場承認翌日に開示したベステラの2Q決算が・・・?
  8. 定性情報すべて省略が7%(四半期決算短信)
  9. 四半期開示はなくなるか?
  10. 不適正意見・意見不表明と上場廃止基準の関係
閉じる

出る杭はもっと出ろ!

消費税を追加請求しなければやはりこうなるのか・・・-税務通信3284号より

税務通信3284号(2013年10月28日)に”消費税率引上げに伴う売上側の処理をケース別に整理”という記事が掲載されていました。

この記事では、経過措置の対象とならない1年分の賃料を前受した場合を前提に、以下の三つのケースの処理法が確認されています。

  1. 1年分の賃借料(消費税率5%・8%)を施行日前に領収したケース
  2. 1年分の賃料(消費税率5%)を領収し,施行日後に3%相当額の追加請求
  3. 施行日以後も旧税率時の税込価格を据え置き

1.と2.については、2013年4月1日以降対応期間分の前受収益が8%で計算した金額となるため、これを取り崩すにあたり特に問題は生じません。つまり、従来の賃料が月10万円(税抜)であれば、4月1日以降も税抜価格(つまり会計上の売上高)も月10万円となります。

問題は、何度か取り上げている上記のケース3です。
このケースでは、結論からすれば、4月以降の売り上げが減少することになります。

例と示されていた事例の前提は以下のとおりです。
契約日:25年10月末日
賃貸期間:25年11月1日~26年10月31日
賃料: 25年11月1日~26年10月31日  1,200,000円(税込1,260,000円)
※26年4月以降の期間対応分も税込105,000円/月とする
支払日:25年10月末に1年分領収する

そして、この場合の平成26年4月以降の仕訳として以下が示されていました。

借)前受収益  735,000
    貸)売上     680,556(*1)
      仮受消費税等  54,444

(*1)735,000÷1.08=680,556

やはりこうなってしまうんですね。事務処理の都合から転嫁できない対策法もあればいいんですが・・・

日々成長

関連記事

  1. 資産の貸付けに関する消費税の経過措置(その1)

  2. 「高額特定資産」とはなんですか?(その2)-平成23年改正(特定…

  3. 平成26年3月31日出荷(売上)・4月1日検収(仕入)に適用され…

  4. 課税売上割合に準ずる割合とは?(その3)

  5. 課税売上割合に準ずる割合とは?(その2)

  6. 消費税(その6)-個別対応方式の用途区分4

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリー

ページ上部へ戻る