menu
閉じる
閉じる
閉じる
  1. 平成29年3月期決算のポイント-会計(その2)
  2. 平成29年3月期決算のポイント-会計(その1)
  3. 2017年4月から手取額が同額の場合も定期同額給与扱いに-平成29年度…
  4. 配当金は持参債務-株主が海外に居住している場合はどうする?
  5. 2016年3月期東芝の監査報酬は53億円-FACTA2017年4月号
  6. 仮想通貨(ビットコイン等)が消費税の非課税対象に
  7. 「法人税。住民税及び事業税等に関する会計基準」が公表されました。
  8. 株主総会で従業員株主が複数質問するも総会決議に著しい不公正がないと判断…
  9. セルフメディケーションの添付書類の見直し
  10. 不正アクセスでクレジットカード番号等の情報が流出した可能性を開示-GM…
閉じる

出る杭はもっと出ろ!

監査役へのストックオプション付与の可否

ストック・オプションの導入を考える場合、一般的に付与対象者として考慮されるのは取締役と従業員だと考えられますが、監査役をストック・オプションの対象者とすることも可能かが今回のテーマです。

結論からすれば、監査役をストック・オプションの対象者とすることも可能です。

取締役の報酬については平成14年の商法改正時に固定報酬、業績連動報酬、非金銭報酬として整理されたのに対して、監査役の報酬についてはこのような整理は特に行われていません。
しかしながら「監査役については、非金銭報酬を禁止する趣旨ではないとの解釈が実務上定着しつつあり、非金銭報酬かつ業績連動報酬であるストック・オプションが、平成13年商法改正以降、監査役に対して導入されているという事例は少なくない」(「役員報酬をめぐる法務・会計・税務」田辺総合法律事務所・清新監査法人・清新税理士法人 編著)とされています。

個人的には、監査役にストック・オプションを付与するときちんと仕事をしてくれるのかという気がしてしまいますが、上場企業で監査役にストック・オプションを付与している会社がどれくらいあるのか確認してみることにしました。

試しに決算日を2012年4月1日~2013年3月31日とする有価証券報告書の”ストックオプション制度の内容”で”監査役”を含むものを検索してみると434社がヒットしました。

しかしながら、「新株予約権の割当てを受けた者は、権利行使時においても、当社または当社の関係会社の取締役、執行役員、監査役及び従業員の地位にあることを要する。」というような新株予約権の行使の条件だけで検索にひかかったものも相当数見受けられるので、監査役にストック・オプションが付与されているのは200社~300社程度だと推測されます。

ちなみに、同じ期間を対象として”取締役”で検索してみると1,007社、”従業員”で検索すると662社がヒットしました。いずれも付与対象としている実際の社数とは乖離していると考えられますが、検索ヒット数で比較すると、思った以上に監査役をストック・オプションの対象としている会社はあるというのが現実のようです。

役員退職慰労金の代わりに導入されることが多く、監査役だけ退職慰労金を残すというのも変なので、監査役にもストック・オプションを付与するということになるのでしょうが、仮に自分が株主だとするとやはり違和感は感じます。

日々成長

関連記事

  1. 事業報告に親会社等との取引に関する事項の記載はすべての会社で必要…

  2. 改正会社法(その5)-監査等委員会設置会社詳細(その4)

  3. 賞与引当金の支給実績差額は引当金明細表の「当期減少額(その他)」…

  4. 過年度遡及修正と各法制度との関係(その3)

  5. 監査役監査の監査報告書ひな形の改正

  6. 役員規程で取締役の辞任を制限できるか?

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリー

ページ上部へ戻る