menu
閉じる
閉じる
閉じる
  1. 大規模法人の完全孫会社が中小企業特例の適用対象外に
  2. 空撮用ドローンの耐用年数は5年
  3. 企業等に所属する会計士の倫理規則等が改正されるそうです
  4. マザーズから東証1部に市場変更直後に東証2部への指定替え猶予期間に突入…
  5. 消費税10%経過措置Q&Aに追加されたQ&A(基本…
  6. 2018年IPO会社の監査報酬動向など
  7. SO税制拡充は限定的に-平成31年度税制改正
  8. 経営財務誌が選ぶ2018年5大ニュース
  9. 業績連動給与の要件緩和と厳格化
  10. 英国監査法人Big4でのパートナー解雇状況とは?
閉じる

出る杭はもっと出ろ!

無償取得の新株予約権と概算取得費の適用の可否

T&A master No523に掲載されていた”無償取得の新株予約権に概算取得費なし”という記事が目についたので紹介しておきます。

この記事で紹介されていた事案は、上場会社の従業員に付与されていた新株予約権(税制適格ストックオプション)に組織再編により上場廃止になった場合には当該新株予約権を会社が取得できるという取得条項が付されており、当該条項に従って新株予約権を会社が取得したというものです。
新株予約権数は700個(700株分)で、新株予約権1個あたり1000円で取得しました。この1000円という金額は、当時の株価1,600円から行使価格600円を差し引いた利益相当額となっています。

この場合の譲渡所得がいくらになるかという点について、税務当局は当該新株予約権の取得費はゼロで、概算取得費の適用も認められないため、700個×1000円=70万円が譲渡所得になるという見解を示したとされています。

まず、新株予約権の譲渡所得は株式等の譲渡所得となることから所得税法施行令118条2項より同109条が準用され、当該新株予約権は109条5号に掲げられている「前各号に規定する方法以外の方法により取得した有価証券」として、取得費は「その取得の時におけるその有価証券の取得のために通常要する価額」になり、そうだとすると当該新株予約権は従業員が無償で取得しているので取得費はゼロという論理となっています。

その上で、概算取得費の適用については、措通37の10-14が概算取得費を適用して差し支えないとし、所基通38-16が概算取得費により計算して差し支えないとしているのは、譲渡所得の計算上取得費がそもそもない譲渡資産について概算取得費を認める趣旨ではないため概算取得費の適用も認められないとされています。

ストック・オプションに概算取得費なしということで記憶しておきます。

日々成長

関連記事

  1. 士業の必要経費をめぐる国税不服審判所の判断(その2)

  2. 海外出向者に関わる税務(その3)

  3. 所得税の重加算税が課せられるのはどんな時?

  4. 馬券の払戻金を適正に申告しろというのは酷だと思うのは私だけ?

  5. 年末調整に関連する改正点確認

  6. 実費請求の交通費に対する源泉漏れで追徴?

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリー

ページ上部へ戻る