menu
閉じる
閉じる
閉じる
  1. CGコード説明率が高いのは補充原則1-2④
  2. 有償新株予約権の会計処理の原案が明らかに
  3. 外貨建満期保有目的債券の期末換算処理
  4. 二社以上の取締役を兼務する場合の社会保険の取扱い
  5. 「会計税務委託料を必要経費と認めず」が昨年一番読まれた記事だったそうで…
  6. IFRS適用の国内子会社も実務対応報告18号の対象に
  7. 役員規程で取締役の辞任を制限できるか?
  8. 監査報告書原本の写しが添付されるようになると面白いかも
  9. 監査報告書にサインする会計士の数に意味はある?
  10. 平成29年度税制改正で連結納税採用は加速する?
閉じる

出る杭はもっと出ろ!

金融円滑化法利用後倒産が2カ月連続で過去最高を記録-帝国データバンク調べ

帝国データバンクが2013年11月11日公表した全国企業倒産集計2013年10月月報によると10月の全体の倒産件数は3ヵ月連続で前年同月よりも減少している一方で、金融円滑化法利用後倒産は69件と2カ月連続でと過去最高を記録しました。

過去からの件数の推移を示すと以下のようになっています。
2013-11-12_1
この点について、帝国データバンクでは「中小企業金融円滑化法の期限到来後、懸念されていた金融機関による目立った企業選別は起こっていない。結果として、企業の淘汰は進まず、10月の企業倒産件数が3ヵ月連続で前年同月比減少を記録している。」と分析しています。

金融円滑化法利用後倒産件数は、上記のとおり多少の凸凹はあるものの、基本的には右肩上がりの傾向を示しています。多少景気が上向いているというような話も耳にしますが、その程度ではこの傾向にストップをかけることはできないようです。

リーマンショック後に固定費の圧縮を図り、円高への対応力をつけた会社にとっては、少し景気が上向き円安になっただけで大きく利益をあげることができるようになっており、会計的な処理でも積極的に損を計上したいというような会社も増えているようです。ただし、全体から見ればそのような会社は一握りにすぎず、今なお苦しい中小企業も多いというのが現実のようです。

景気が上向けば救われる企業も多いとは思いますが、景気が良くても倒産する会社が存在するのも事実です。「金融機関による目立った企業選別は起こっていない」ため実態がつかめませんが、消費税増税後の来年4月以降にどうなっていくのかが一つのポイントになりそうです。

日々成長

関連記事

  1. 国家公務員の給与が8%増だそうですが・・・

  2. 中国経済のバブルは継続するか?(その2)

  3. クレジットカード最強の2枚

  4. 大前研一氏による原発問題解説

  5. 2013年7月の金融円滑化法利用後倒産は52件-帝国データバンク…

  6. 「第二会社方式」とは?(その3)

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリー

ページ上部へ戻る