menu
閉じる
閉じる
閉じる
  1. 消費税受還付事件-平成29年度は過去最高の懲役7年6月も
  2. エフオーアイの粉飾-主幹事証券に責任認めず(東京高裁)
  3. 単位の誤りや日付誤り-有報提出前にもう一度チェックしましょう。
  4. 監査報酬は引き続き増加傾向
  5. メルカリの仕入税額控除否認のロジックとは?
  6. 譲渡制限付株式の導入社数が1.5倍に
  7. 平成30年3月期決算短信-平均所要日数は39.1日
  8. 改正税効果早期適用は16社-2018年3月期
  9. 有価証券等の譲渡に係る内外判定の改正(消費税)ー平成30年度改正
  10. 粉飾決算をめぐり監査法人に約6億円の損害賠償-プロデュース社事件
閉じる

出る杭はもっと出ろ!

Kindle Paperwhiteを買ってみた

最近TV CMも流れているKindle Paperwhiteを購入してみました。

今回が初のKindle購入なのですが、以前から興味はありました。ipadにアプリを入れて使ってみたりしていましたが、やはりipad(miniなら多少違うかも)では重すぎて、気軽に読書するという感じではありませんでした。

初Kindleなので、以前と比べてより快適になったと言われても正直よくわかりませんが、個人的にはかなり満足しています。以前は業務で使用する参考書籍(基本的に重い)を持ち歩かなければならない時に自分で読みたい本も持っていくのは重いのでやめようという感じでしたが、この程度の重さの端末であれば持っていくことが可能です。

また、画面も見やすく読みやすいですし、充電も1日30分で本当に8週間もつのかは定かではありませんがスマホの用に頻繁に充電が必要になるというう感じではありません。今後、旅行や出張で何冊か本を持っていきたいという時にこれ一つで済むのは非常に便利です。もっとも、自分が読みたい書籍がすべてKindleで購入できるわけではないというのも事実ですが、その辺は紙ベースの書籍とうまく使い分けるしかなさそうです。

残念な点としては、読み上げ機能はついていないという点でしょうか。昔のKindleを見せてもらった時のイメージが強く、読み上げ機能がついているというイメージがありましたが、調べてみるとオーディオブックの販売を阻害するとかいうような理由で、随分前に読み上げ昨日がなくなっていたようです。しかしながら、一方で本年5月にiphoneなどのKindleアプリでは読み上げ機能が付加されていることも分かりました。

早速iphoneのkindleアプリで試してみると、確かに読み上げ機能が動作することが確認できました。日本語の書籍を読ませてみると、漢字の読み方がイマイチではありますが、今後改善されるとすれば読(聞)書の幅が広がりますので、期待してしまいます。

もう一点は、Kindle版の書籍と通常版の書籍の価格を比べた場合、Kindle版の書籍の方が若干安い水準にとどまっているという点でしょうか。紙媒体を100とした場合、半額とまではいかなくても60~70程度の販売価格になってもらいたいところです。

本体価格は9980円で11月末までであれば1980円分のクーポンが獲得できますので、興味のある方はこれを機会に検討してみる価値はあると思います。

日々成長

関連記事

  1. 大前研一氏による原発問題解説

  2. おいしいから売れるのか、売れているからおいしいのか?

  3. 大地震!

  4. ワンデープロシーが少し安くなっています

  5. 自分と似た思考の持ち主っているんですね-同じタイトルでエントリが…

  6. Access2010で突然「イベントププロパティに指定した式 読…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリー

ページ上部へ戻る