menu
閉じる
閉じる
閉じる
  1. 平成29年度税制改正(その6)-スクイーズアウトに関する組織再編税制等…
  2. リストリクテッド・ストックは業績連動給与に該当するのしないの?
  3. 過年度損失の当期損金性と公正処理基準の関係
  4. 公認会計士・監査審査会が監査アリアに対する行政処分を金融庁に要請
  5. 平成29年度税制改正(その6)-中小企業者等向け設備投資促進税制の拡充…
  6. 所得金額1億円超の人数は5年で60%増加
  7. 従業員退職時の競合避止合意-代替措置なく3年は公序良俗違反で無効
  8. 富士フイルムの不適切会計-処分が厳しいなと感じたけれど納得の第三者委員…
  9. 決算短信-通期予想のみ開示が約25%に増加
  10. 議決権行使結果の個別開示を要請-改訂版スチュワードシップ・コード
閉じる

出る杭はもっと出ろ!

三菱商事が2014年3月期からIFRSを任意適用

2013年12月20日に三菱商事が、従来の米国会計基準に替えて、2014年3月の有価証券報告書からIFRSの任意適用を表明しました。なお、14年3月期の会社法に基づく連結計算書類及び決算短信については従来どおり米国基準ベースの数値が開示されるとのことです。

約1カ月位前に三井物産が14年3月期からIFRSの任意適用を表明したばかりですが、これで大手商社では住友商事、丸紅、三井物産、三菱商事がIFRSの任意適用を表明しています。

伊藤忠商事は?と思って調べてみたら、先月IFRSを任意適用することを表明してることに気付きました。単にフォローできていなかっただけでした。

”三井物産が2014年3月からIFRSを任意適用-これで25社目”というエントリで記載した25社に加えて、伊藤忠商事と三菱商事の2社が加わって、現時点でIFRSの任意適用(表明)会社は27社となっています。

大和証券グループがIFRSの任意適用を表明していますので、証券会社各社にどれだけIFRSの任意適用が広がっていくのかも気になります。また、今期中に銀行でもIFRSの任意適用会社がでてくるのかも気になります。

日々成長

関連記事

  1. 参天製薬がIFRSの任意適用を発表-31社目

  2. 中外製薬が2013年12月期よりIFRSの任意適用へ

  3. IFRSの任意適用要件が緩和の方向へ

  4. 旭硝子がIFRSの任意適用を発表-2013年12月期通期決算より…

  5. IFRS適用を考慮し8社が決算期変更

  6. IFRS任意適用会社が144社に-経営財務調べ

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリー

ページ上部へ戻る