menu
閉じる
閉じる
閉じる
  1. ヤフー・IDCF事件に続き法人税法132条の2による否認事例が訴訟にな…
  2. 未払残業代の税務処理
  3. 弁当販売チェーン店の店長の管理監督者性が争われた事案
  4. 外貨建預金を原資とした株式等購入時の為替差損益申告漏れが散見
  5. 新収益認識基準が税務に与える影響は消費税が問題となりそうです
  6. 「採用選考ではない」と明言しつつ、事実上選考の場として懇談会を開催する…
  7. 不正会計発覚経緯は会計監査が最多らしいですが・・・
  8. 2名以上の独立社外取締役選任企業の割合は東証一部で88%に上昇
  9. IFRS適用検討会社数はこの位が限界か?
  10. 監査法人のローテーション議論が再燃
閉じる

出る杭はもっと出ろ!

三菱商事が2014年3月期からIFRSを任意適用

2013年12月20日に三菱商事が、従来の米国会計基準に替えて、2014年3月の有価証券報告書からIFRSの任意適用を表明しました。なお、14年3月期の会社法に基づく連結計算書類及び決算短信については従来どおり米国基準ベースの数値が開示されるとのことです。

約1カ月位前に三井物産が14年3月期からIFRSの任意適用を表明したばかりですが、これで大手商社では住友商事、丸紅、三井物産、三菱商事がIFRSの任意適用を表明しています。

伊藤忠商事は?と思って調べてみたら、先月IFRSを任意適用することを表明してることに気付きました。単にフォローできていなかっただけでした。

”三井物産が2014年3月からIFRSを任意適用-これで25社目”というエントリで記載した25社に加えて、伊藤忠商事と三菱商事の2社が加わって、現時点でIFRSの任意適用(表明)会社は27社となっています。

大和証券グループがIFRSの任意適用を表明していますので、証券会社各社にどれだけIFRSの任意適用が広がっていくのかも気になります。また、今期中に銀行でもIFRSの任意適用会社がでてくるのかも気になります。

日々成長

関連記事

  1. IFRSでの減価償却費はやはり定額法が無難?

  2. 参天製薬がIFRSの任意適用を発表-31社目

  3. 三井物産が2014年3月からIFRSを任意適用-これで25社目

  4. 株式割引発行差金-韓国GAAPとIFRS

  5. IFRS任意適用会社がようやく100社を突破

  6. IASBの教育文書「減価償却とIFRS」は定率法の採用に踏み切る…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリー

ページ上部へ戻る