menu
閉じる
閉じる
閉じる
  1. 特定退職金共済とは何ですか?
  2. 内々定の法的性格は?
  3. 株主優待で金券を交付した場合は源泉徴収必要か?
  4. 「居住者」「非居住者」の判断を滞在日数のみで行うのは要注意
  5. 平成29年度税制改正(その6)-法人税等関連(スピンオフに関する組織再…
  6. IFRS任意適用会社が144社に-経営財務調べ
  7. 譲渡制限付株式を役員に交付した場合の会計処理は?
  8. 平成29年度税制改正(その4)-法人税等関連(試験研究費の税額控除)
  9. 税務調査による更正が「誤謬」か否かの境界は何?
  10. PCデポが過年度誤謬の判明と公認会計士の異動を公表
閉じる

出る杭はもっと出ろ!

会社法計算書類の経団連ひな形が改正されました

2013年12月27日に経団連から「会社法施行規則及び会社計算規則による株式会社の各種書類のひな型(改訂版)」が公表されました。

今回の改訂は退職給付会計基準の改正に伴うものです。そのため、基本的には連結計算書類の部分で改訂となっています。
ただし、個別注記表の注記文言も「○年にわたり均等償却」が「○年による定額法により費用処理」というように微妙に改訂されています(実質的に大きな影響はないと思います)。

次に連結計算書類ですが、主な改訂部分は以下のとおりです。

(1)連結貸借対照表
固定負債に「退職給付に係る負債」が、純資産の部に「退職給付に係る調整累計額 」が追加されています。

(2)連結株主資本等変動計算書
その他の包括利益累計額に「退職給付に係る調整累計額」が追加されています。

(3)連結注記表

  1. 引当金の計上基準から「退職給付引当金」が削除されています。
  2. 1.のわかりに、「その他連結計算書類の作成のための基本となる重要な事項」に「③退職給付に係る負債の計上基準」が追加されています。

主な改訂箇所は上記のとおりで、記載箇所が変わっているという点では連結注記表には注意する必要がありそうです。
参考までに、改訂後の連結注記表の記載は以下のようになっています。

③ 退職給付に係る負債の計上基準
退職給付に係る負債は、従業員の退職給付に備えるため、当連結会計年度末における見込額に基づき、退職給付債務から年金資産の額を控除した額を計上しております。
会計基準変更時差異(×××百万円)は、主として○年による定額法により費用処理しております。
過去勤務費用は、主としてその発生時の従業員の平均残存勤務期間以内の一定の年数(○年)による定額法により費用処理しております。
数理計算上の差異は、主として各連結会計年度の発生時における従業員の平均残存勤務期間以内の一定の年数(○年)による定額法(一部の連結子会社は定率法)により按分した額を、それぞれ発生の翌連結会計年度から費用処理しております。
未認識数理計算上の差異及び未認識過去勤務費用については、税効果を調整の上、純資産の部におけるその他の包括利益累計額の退職給付に係る調整累計額に計上しております。

日々成長

関連記事

  1. 役員退職慰労金の支給は何故一任決議できるのか?

  2. 平成28年税制改正による税効果注記は法律名に要注意

  3. 会計限定の監査役登記の登録免許税は1万円に落ち着くようです

  4. 会計監査人の責任限定契約は増えている?

  5. 平成28年6月第1四半期決算の留意点

  6. 単体開示の簡素化(その2)-平成26年3月期より

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリー

ページ上部へ戻る