menu
閉じる
閉じる
閉じる
  1. 株式の無償発行を会社法上可能とする方向で検討
  2. 収益認識基準により消費税税込み方式は採用不可へ
  3. UKCホールディングスが連結子会社の会計処理誤りの影響を公表
  4. 最高裁、勤務医の残業代は高額年俸に含まれないと判断
  5. タカタ株が5連騰でストップ高-なぜ?
  6. 2018年3月期第1四半期報告書作成上の留意点
  7. 資本金1円の上場企業が急増?
  8. 監査人交代時の開示の充実化を検討
  9. SMCの「北米疑惑」?
  10. 採用内定後のインターンシップで能力不足が判明した場合、内定は取り消せる…
閉じる

出る杭はもっと出ろ!

保守契約の前受金を収益計上する際の消費税-国税庁Q&Aより

今回は前回に引き続き平成26年1月に国税庁が公表した「消費税率引上げに伴う資産の譲渡等の適用税率に関するQ&A」から保守料金の前受についてです。

このブログでは何回か取り上げていますが、今回のQ&A3では以下のようなものが示されています。

Q&A3の問を要約すると以下のようになっています。

・事務機器の保守サービスの提供業者が、平成26年4月以降1年の保守契約を平成26年3月に契約を締結し、1年分の代金を受領した
・保守契約は月額○○円と定められており、中途解約があった場合は、未経過相当分の保守料金を返還する。
・毎月の役務提供完了の都度、収益に認識する場合、収益計上時の適用税率はどうなるか?

3月に受領した前受金が5%で計算されたものなのか8%で計算されたものなのかは明示されていませんが、Q&Aになるくらいなので明示はされていませんが5%で計算した金額を前受金として計上していると考えるのが素直な解釈ではないかと思います。もっとも、せっかくのQ&Aなのでそれを明示してくれればよいのにという感じはします。

さて、この問に対する答は以下のようになっています。

・・・(省略)
契約期間は1年間であるものの、保守料金が月額で定められており、その役務提供が月々完了するものですので、この保守契約に基づき計上した前受金に係る資産の譲渡等の時期は、現実に毎月の役務提供が完了する時であり、その時の消費税率が適用されます。
したがって、施行日以後、役務提供が完了するものについては、新税率(8%)が適用されることとなります。

というわけで、仮に前受金が5%相当で計算されていても4月以降に役務提供が完了するものについては8%を適用する必要があるというのがこのQ&Aの趣旨ということになるのではないかと思います。

なお、このQ&Aでは中途解約時には未経過相当分の保守料金を返還するという前提になっていますが、この条項があるのとないのでは取扱いが異なるのかについては特に触れられていません。

日々成長

関連記事

  1. 国境を越えた役務提供に対する消費税(その1)

  2. 消費税経過措置の取扱いQ&A問4の疑問点

  3. 消費税(その7)-個別対応方式勘定別留意点1

  4. 国際取引と消費税(その1)

  5. 消費税引き上げに伴う経過措置-工事の請負等(その2)

  6. 個人に支払う講演料に仮払消費税をとれるか?

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリー

ページ上部へ戻る